• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > リリース

リリース
HANDSからのご案内です。

「世界食料デー月間2021」の賛同団体に加わりました リリース

飢餓や食料問題に取り組む国際機関や NGO /NPO 、企業や教育機関など が 相互に協力・広報することで、たくさんの人に飢餓や食料問題について伝え、問題を自分ごとにしてもら う。解決に向けて行動する 人を増やすことなどを目的として実施している「世界食料デー月間2021」の賛同団体にHANDSが加わったことをご報告します。

★ 世界食料デー月間2021のウェブサイト  https://worldfoodday-japan.net/

■ 「世界食料デー」月間 202 1 の 概要
・実施目的 :飢餓や食料問題に取り組む国際機関や NGO /NPO 、企業や教育機関など が 相互に協力・広報することで、たくさんの人に飢餓や食料問題について伝え、問題を自分ごとにしてもら う。解決に向けて行動する 人を増やす 。
・実施内容 :共同チラシの作成と配布 (8月から配布開始特設サイトの設置と運営 、 Facebook や Instagram での情報発信オンライン イベントの開催
・期間 202 1 年 10 月 1 日 ~31 日
・呼びかけ団体:  特定非営利活動法人アフリカ日本協議会、 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド、 国際連合食糧農業機関(FAO )駐日連絡事務所

■ 世界食料デーとは

10月16日の世界食料デーをきっかけに、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて一緒に行動する1ヵ月です。日本では2008年から「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、日頃から飢餓や食料問題の解決に向けて活動するNGO/NPO、国連機関が共同で情報発信を行っています。飢餓や食料問題についてわかりやすく伝えるチラシの配布やウェブサイトの運営、誰でも気軽に参加できるイベントの開催などを行っています。

森元泰行さん(HANDS新テクニカルアドバイザー)のご紹介 リリース

このたび、HANDSの新テクニカルアドバイザーに森元泰行さんに就任していただきましたことをご報告いたします。森元さんのプロフィールは以下のとおりです。

博士号(農学)取得、農業改良普及員免許。日本熱帯農業学会、国際民族生物学会、ケニア民族環境学会所属。


Alliance Bioversity International and International Center for Tropical Agriculture (CIAT)専任研究員。

青年海外協力隊派遣(ケニア共和国、植物学)後、通算20 年以上アフリカを拠点に活動。特に地域在来の低・未利用作物遺伝資源(生産環境や景観、地域住民の利用知識、文化的アイデンティティなどを含む)を持続可能な開発を実現するための重要な資源として捉え、これら地域農産物に新たな価値を付加することで人々の利用と保全意識を高め、栄養・健康に対する意識と収入の改善、持続的な食料生産、生物多様性の保全、気候変動の緩和といった地球規模課題に資する具体的な農村開発事例の提供に取り組む。

西原三佳さん(HANDS新理事)のご紹介 リリース

このたび、HANDSの新理事に西原三佳さんに就任していただきましたことをご報告いたします。西原さんのプロフィールは以下のとおりです。

看護師・保健師、公衆衛生学修士号、博士号(医学)取得。長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 客員研究員。元HANDSシニアプログラムオフィサー。

青年海外協力隊派遣(メキシコ合衆国・看護師)後、国際協力の道を目指し進学等を経て、2008年にHANDS入職。主に、JICA技術協力プロジェクト専門家(ホンジュラス国オランチョ県思春期リプロダクティブヘルス強化プロジェクト、上エジプト国学校保健サービス促進プロジェクト)および東日本大震災復興支援活動に従事し、2012年に退職。その後、長崎大学医歯薬学総合研究科保健学専攻にて助教を務めたのち、2020年より客員研究員となり、現在に至る。

新しく、会員・寄付をお願いするチラシを作成しました。 活動ニュースリリース

ボランティアさんのご協力により、新しく「会員制度のご案内・寄付のお願い」のチラシができました。

ぜひご覧ください。

皆様からのご支援もお待ちしています。

kifuchirashiomote_page-0001.jpgのサムネイル画像kifutirasiura_page-0001.jpg

リトルベビーハンドブックのHPを公開しました 活動ニュースリリース母子健康手帳

リトルベビーハンドブックをご存知でしょうか?

小さく生まれた赤ちゃんとそのご家族のためのハンドブックです。

HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさんが取り組んでいるリトルベビーハンドブックを全国に広める活動を、HANDSも一緒に推進していきたいと思いHPを公開しました。是非ご覧ください。そして支援していただければ幸いです。

ホームページはこちらです。→→   http://www.hands.or.jp/activity/mch/lbh/

lbhbtop.jpgのサムネイル画像

中村安秀著「海をわたった母子手帳」が出版されました! 活動ニュースリリース母子健康手帳

HANDS前代表理事の中村安秀顧問・シニアテクニカルアドバイザー(大阪大学名誉教授)が、このたび旬報社より「海をわたった母子手帳~かけがえのない命をまもるパスポート」を出版しましたことをご案内します。

この本は、「日本で生まれた母子手帳」「インドネシアで育った母子手帳」「世界で花咲く母子手帳」「だれひとり取り残されない」などについて、小学生・中学生でも気軽に読める内容で書かれていますので、是非お読みください。

旬報社のHPもご覧ください → https://www.junposha.com/book/b589084.html

母子手帳カバー.jpgのサムネイル画像

HANDSも編集協力をさせていただき、団体紹介も掲載されています。

49頁.jpgのサムネイル画像

  • アマゾンでも販売しています

https://www.amazon.co.jp/dp/4845117088?SubscriptionId=AKIAIBX3OSRN6HXD25SQ&tag=hnzk-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4845117088

すこやか寄付にご協力をお願いします! 活動ニュースリリース

皆さんのお家に眠っている「書き損じはがき」や「切手」「使わない商品券」などはありませんか? ぜひHANDSにお送りください。 すこやか寄付.jpg

シエラレオネのFBページを開設しました! 活動ニュースリリースシエラレオネ

「世界で一番いのちが短い国」と言われたシエラレオネ。

平均寿命52歳、約8人に1人の子供が5歳までに亡くなっています。(出所:2017年ユニセフ世界子供白書)

HANDSでは小学校から地域へと育む自立した継続可能な食料の安全保障と栄養改善の実現を目指してシエラレオネで活動しています。

そんなシエラレオネでの活動を紹介するページを開設しました!ぜひご覧ください!

https://www.facebook.com/handssierraleone/

sierra1.jpeg

第12回母子手帳国際会議の趣意書を掲載します。 活動ニュースイベントリリース母子健康手帳

2020年7月8日(水)から10日(金)にかけ、オランダ・アムステルダムで開催される

第12回母子手帳国際会議(The 12th International Conference on Maternal and Child Health Handbook)の趣意書を掲載します。

第12回母子手帳国際会議 趣意書.pdf

ご報告 認定NPO法人更新手続きについて 活動ニュースリリース

会員、支援者、ご寄付をいただきました皆さま

いつもお世話になっております。

2019年6月に皆さまに緊急でお願いいたしました*_「認定NPO法人」継続のため:寄付3,000円をお願い致します。_*について

多くの方から暖かいお心遣いをいただきまして誠にありがとうございました。

6月から数か月が経過しましたがご報告できないまま本日に至りましたこと、お詫び申し上げます。

認定更新の申請期間が10月18日(金)を持ちまして終了となりましたが、皆さまのご支援により期限内に申請の手続きをとることができました。

まだ認定更新申請の手続きがいくつか残っておりますが、結果が分かり次第改めまして皆様にご報告をさせていただく予定です。

また、いただきましたご寄付に対しての寄付控除のための領収書については、来年2020年1月ごろに皆様のご住所へ一斉に送付させていただく予定となっております。

 HANDSがさらに充実した活動を行っていけますよう、今後ともご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人HANDS

代表理事 横田雅史

理事・スタッフ一同