• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 活動ニュース

活動ニュース

若年妊娠に関するワークショップ開催のご報告と布ナプキン普及に向けた活動への支援のお願い 活動ニュースケニア

 ケニアでも新型コロナウイルス感染拡大防止のため学校が閉鎖されていた、昨年10月、HANDSケニア事務所が活動する農村地帯ケリチョー郡にて、コミュニティで若年妊娠に関わる様々な社会的立場にある人々を対象に、予防啓発のためのワークショップの中でフォーカスグループディスカッションまたは個別インタビューを行いました。対象としたのは、少女・少年・10代の母親・10代の子どもを持つ母親・10代の子どもを持つ父親・学校の教員・Chief/Assistant Chief・教会リーダー・コミュニティヘルスボランティア・薬局の薬剤師・伝統的産婆です。

 なお、このワークショップは、公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)様との共同申請による「私と地域と世界のファンド」からの助成金および、ケリチョー郡で青年海外協力隊員として活動されていた宇佐美様がHANDSの活動を支援するために絵画販売を通じて集めてくださった寄付金により、実施することができました。ご支援をくださった皆様、誠にありがとうございます。

00.jpg上:若年妊娠の現状についての情報交換後、啓発ワークショップに参加する10代の母親たち
(於:Kejiriet小学校)

 フォーカスグループディスカッションや個別インタビューでは、時代の変化と共に、家庭の経済的状況・少女間のピアプレッシャー(仲間からの圧力)・性教育の欠如・少年少女と親との関わり・避妊法へのアクセスなど、様々な要因が若年妊娠に寄与していることが示唆されました。

 道徳的価値観・異性との交際・妊娠も、時代の経過と共に変化しています。

「昔は、親や祖父母が子どもに対して道徳的価値観を教えていました。最近では、一部の親は、おそらく不十分な収入やアルコール依存などの理由で自分自身の道徳的価値観を欠いています。(教員)」

「私たちの時代には、結婚前の妊娠は非常に稀でした。現在では、12歳の少女でも異性と交際しています。子どもが妊娠しても、母親は父親に知らせずに中絶させるかもしれません。(10代の子どもを持つ父親)」

 家庭の経済的状況や少女間のピアプレッシャーに関して、食べ物や生理用ナプキンなどの生活の必需品やファッション・化粧用品などの贅沢品を購入するお金がないため、性交渉を行う少女もいます。
002_2.jpg「親が子どもに必需品を与えないため、必需品を得るために性交渉を行う少女もいます。(Chief/Assistant Chief)」

「子どもは、物質的なものへのアクセスという点でお互いを比較しています。現代の少女は、あまりにも多くのニーズを持っているので、貧困家庭の親はそのニーズを満たすことが出来ないかもしれません。(教員)」

少年少女への性教育に関して、多くの場合、親を含めた大人が子どもと直接的に話し合う役割を担うことができていません。

「多くの場合、大人が子どもと性的なことに関して自由に話し合うことは難しいです。多くの大人がこの役割を怠り、この役割を他の大人に任せています。現代の親は、子どもと性的なことを話し合う義務を怠っています。(教員)」

「ほとんどの親は、子どもと性教育について話し合うことは容易いことではないと感じています。これらの親は、常に自分の子どもとそのような問題について間接的に話しています。しかし、親が何を伝えようとしているのかを正確に理解していない子どももいます。(10代の子どもを持つ母親)」

「性教育に関して、友人・親・学校などから情報を得ています。このようなことを話し合うことが適切でないと考え、教えない親もいます。(少女)」

 避妊法、特に緊急避妊薬や妊娠に関して、間違った知識を持つ少年少女もいます。

「性交渉をしたい時には、コンドームやモーニングアフターピル(緊急避妊薬)のような避妊法を使用するべきです。(少年)」

「男には女の子が生理中かどうか確認する責任があります。女の子が生理中であれば、妊娠するので性交渉をすべきではありません。(少年)」

 親自身の行動や、子どもに対し責任ある関わり方ができているかという点にも問題があります。001.jpg

「自身の責任を怠っている親もいます。これらの親は、子どものための時間がなく、子どもとの密接な愛着を持っていません。(教員)」

「親がしていることを真似している子どももいます。このような場合、問題に対処することは困難です。また、自分の子どもの行動を認識し避妊法の使用を勧める親もいれば、自分の子どもの行動に気づいていない親もいます。(教員)」

「親の怠慢です。親と親しい関係を築けていない子どもは自分の好きなようにするでしょう。(10代の子どもを持つ母親)」

「親にも責任があります。子どもの過ちや間違った行動を見過ごしてしまうような過保護な親もいます。そのため、子どもは、親のサポートがあるのでどのように行動しても許されると思うのです。(10代の子どもを持つ母親)」

 また、ケニアでの性交同意年齢は18歳であり、親や教師たちは中高生の性行為自体を禁止しなければならないので、セーフセックスについて教えたり、少年少女に避妊具を提供したりするのが難しい現状があります。そのため、少年少女が性行為をもってしまう際、避妊具を使う可能性が下がってしまうと考えられます。

「少女たちは避妊法を使うべきではありません。(使うべきと言ってしまったら)少女たちにセックスを推奨することになってしまいます。避妊法で妊娠を防ぐことができますが、性病はどうでしょうか?避妊法には副作用があるものがあるので若いうちに使うべきではありません。(10代の子どもを持つ母親)」

※カッコ内は文意を推測してHANDS職員が補足したものです。

「親として、性病を防ぐことができない性交渉をさせないためにも、避妊法を使用しないように勧めています。(10代の子どもを持つ母親)」

「避妊法を与えるために子どもを病院に連れて行く親がいると聞いたことがあります。しかし、実際に見たことはなく、信じていません。(10代の子どもを持つ母親)」

 また、新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校や教会の閉鎖により、少年少女が性教育を受ける機会を失ったり、親から生活の必需品を買うためのお小遣いを貰えなくなったり、少女が政府から支給される生理用ナプキンを学校で受け取れなくなったりしています。

004.jpg「学校と教会の閉鎖は、社会、特に子どもに悪影響を与えています。学校と教会は、きちんとした安定した生活に欠かせないものです。閉鎖によって、子どもたちは、これらの場の指導者たちからアドバイスを受ける機会を失ってしまっています。(教会リーダー)」

「学校が閉鎖されることにより、親からお小遣いを渡されなくなったにも関わらず、生理用ナプキンなどの必需品を自分で買わなければならない少女もいます。(Chief/Assistant Chief)」

 ケニアでは、緊急避妊薬やコンドームが小さな薬局でも売られています。町のマーケットにある薬局の薬剤師によると、新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校閉鎖の時期に特に緊急避妊薬の売り上げが伸びているそうです。

「以前は、緊急避妊薬が毎日平均5錠ほど売れていましたが、今(昨年10月)は毎日10錠ほど売れています。通常、休み明けで学校が再開されると需要が高まりますが、今はこの時期(学校閉鎖中)に需要が高くなっています。(薬剤師)」

 これらの現状を踏まえ、今後必要となってくることについて、以下のような意見が多く聞かれました。

「少年少女は、コミュニティからのアドバイスを必要としています。(10代の子どもを持つ母親)」

「少女が他から探さなくてもいいように、親から生理用ナプキンが提供されるべきです。親・友人・教員から指導やカウンセリングも必要です。(少女)」

 ここで生理用ナプキンの提供が話題に挙げられたのは、少女が経済的な事情等で生理用ナプキンを入手できないことが若年妊娠の一因であるという認識が、少女、教師・親たちの間に広くあるからだと思われます。地域で少女を買春し、結果的に少女を妊娠させ男性が、生理用ナプキンの提供を見返りとして使っていると言われているからです。

 ワークショップの中で行ったフォーカスグループディスカッションや個別インタビューでは、若年妊娠につながる、地域の少女たちの性の健康上の問題の数々が明らかになりました。若年妊娠を減少させていくためには多くの課題があり、また、生活の必需品である生理用ナプキンを入手することが、このコロナ禍で一層困難になっている少女もいます。経済的な事情でナプキンを入手しづらい少女/女性のため、HANDSは、長く使えて長期的に考えると経済的な布ナプキンの普及活動を以前から行ってきました。まずは今、その普及活動を一段と活性化させ、私たちHANDSが現段階でできることから、一歩ずつ、地域の少女/女性たちの性の健康を向上させていきたいと考えています。

 地元女性グループの自立的な布ナプキン製作販売を可能にするため、このプロジェクトに深い関わりを持つ1人の日本人大学生とHANDSが共同で進める事業、Niko Nikoプロジェクトのため、現在クラウドファンディングにより寄付を募っています。皆様からの応援により、このプロジェクトを実現できればと考えておりますので、クラウドファンディングサイト上でのご支援やこのプロジェクトについての情報拡散など、皆様の温かいご助力をどうぞよろしくお願いします。

https://camp-fire.jp/projects/view/356851

小学館Webメディア「和樂」に母子手帳が日本の大発明として取り上げられました。 活動ニュース母子健康手帳

2021年1月9日付の小学館のWebメディア「和樂(わらく)」に、HANDSテクニカルアドバイザー板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)への取材により「『母子手帳』持ってる?コロナ時代の今こそ見直したい日本の大発明」が掲載されていますので、是非、ご覧ください。

https://intojapanwaraku.com/culture/137490/

この記事には、日本の母子手帳の歴史やベトナムの母子手帳、低出生体重の赤ちゃんとご家族のための冊子などについて書かれています。なお和樂は、2001年10月に創刊した小学館の女性誌で、日本文化をもっと楽しむための入り口になることをテーマにしているWebマガジンです。

世界の母子手帳1-32-1.jpg

東京新聞に母子手帳および中村顧問が掲載されました。 活動ニュース母子健康手帳

HANDS中村安秀顧問(シニアテクニカルアドバイザー)が、東京新聞2020年12月26日付の特集記事(月間SDGs12月号)で、母子手帳についてインタビューを受け、母子手帳の歴史、世界各国への普及、そして母子手帳の新たな役割などについて話していますので、是非、ご覧ください。

20201226東京新聞(月間SDGs).pdf

東京新聞photo.jpg

なお同じ記事は、以下の東京新聞WEB版でもご覧になれます。(2番目の記事です)

<月刊 SDGs 2020年12月号>過疎の命綱 住民が高齢者の足:東京新聞 TOKYO Web (tokyo-np.co.jp)

布ナプキン普及のためのクラウドファンディング 活動ニュースケニア

 先日の投稿でも予告のお知らせをいたしましたが、本日ついに、布ナプキン普及のためのクラウドファンディングを開始いたしました。

https://camp-fire.jp/projects/view/356851

無題56_20201221223747.png

 事業地ケリチョーで、生理用品が手に入らないばかりに様々な苦しみを感じている少女、女性たちのために、あなたのご支援が大きな力になります。

 一度きりの金銭援助をするプロジェクトではなく、地域の保健ボランティアの女性たちが自立的に布ナプキンの製作・販売を出来るようになるよう、備品や材料の初期投資、スキルや知識を身に付ける講習機会などを支援し、今後彼女たちが自らの力で、持続的に活動を続けていけるよう応援するプロジェクトです。

 HANDSケニア事務所、地元女性グループと、布ナプキン普及活動を2018年に始めたHANDSケニア事務所の元インターン、という3者がそれぞれの強みを活かし、協力しあうことで、地域の少女/女性たちの性の健康を向上させることができると考えています。

 プロジェクトの詳細や、ケリチョーにおける月経を巡る現状などについて、クラウドファンディングページ内でご紹介しておりますので、是非リンク先でご覧ください。

 幅広い金額設定の支援コースを用意し、それぞれにリターン品を設定しております。また、コンビニ振込も可能ですので、オンラインでクレジットカードを使うのに躊躇いがあるという方にもご利用いただき易いかと思います。

 また、「ジェンダー/性の健康」「アフリカ」「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」といった分野に興味のあるお知り合いの方に、このクラウドファンディングについてお伝えいただけると、非常に有難いご支援となります。どうぞよろしくお願いいたします。

honbun2.jpgsub1.JPG

HANDSが台東区活動団体のパネル展に出展しています! 活動ニュースイベント

台東区社会福祉協議会主催で、2020年12月19日(土)~2021年1月11日(月)まで、台東区生涯学習センターにて、区内で活動している団体のパネルを展示し、活動紹介をしています。

今年は新型コロナウィルス感染拡大予防の為、3密を避けてパネル展開催という形で活動紹介をすることになりました。

HANDSもパネルを掲載していますので、お越し頂き、活動を知って頂ければ幸いです。

台東区社会福祉協議会のイベント掲載リンクはこちらです。↓

区内で活動する団体のパネル展を開催します │ 台東区社会福祉協議会 (taitoshakyo.com)

~生涯学習センター入り口~


風間さん~台東区活動団体のパネル展~.jpgのサムネイル画像

~パネル展全体写真~

パネル展全体写真.jpeg

~HANDSのパネルスペース~

ハンズパネル.jpeg

~HANDSのパネルを貼っているところ~

風間さんの写真~パネルを貼っているところ2~.jpg

パネルと私.jpeg

~パンフレットもご自由にどうぞ~

パンフレット.jpeg

ケニア事務所から皆様のお手元へ 活動ニュースケニア

 早いもので今年もあと2週間!
 HANDSケニア事務所では、今年もサポーターの皆様に向けた年末・新年のお便りの作成と発送を行いました。

カード.jpg カードを書いてくれたのは、事業地ケリチョーの子どもたち。
 びっくりするような色彩感覚で描かれた動物やツリーの絵と共に、素敵なクリスマスと新年を祈るメッセージ、事業で学校に建てられた雨水タンクやトイレに感謝する言葉など、心のこもったカードを書いてくれました。

 また、今年はケリチョーの名産品である茶葉をラミネート加工したブックマークを作成し、ささやかな贈り物として同封させていただきました。

IMG-20201201-WA0000.jpg
 ブックマークに書かれているのは「Every time is a tea time」という、ケリチョーの人々がよく口にする、お気に入りの決まり文句。訳すと「いつだってお茶の時間」「毎時間がティータイム」(!)という感じでしょうか?
 忙しくても、甘く薫り高い特製ミルクティーを楽しむ時間だけは欠かさないケリチョーの人々のように、時にはほっとする時間を過ごせますようにという願いを込めました。

 HANDSでは、新規にマンスリーサポーターとなってくださる方をいつでも大募集中です。
 このような年末・新年のお便りと、Eメールによる定期的なニュースレターもお送りしています。
(現地の事情によって、年末・新年のお便りは内容が変更になることがあります。どうぞご理解・ご了承の程お願いいたします。)

 気が向いた時に気軽に一回きりご支援をいただく手段も本部ウェブサイトに用意しております。毎月は難しいけど年に一度、ケニアの子どもたちのためのサンタクロースになりたい時などに、是非ご活用ください。

(毎月寄付/1回寄付はこちらから。http://www.hands.or.jp/support/index.html

 また、HANDSケニアは現在、日本国内のプラットホームにおいて、クラウドファンディングを行うべく、鋭意準備中です。
 ケリチョーの女性たちが主体となって布ナプキンを製造・販売していけるようになるのを応援することで、彼女たちの持続的な収入向上にもなり、同時に生理用品が使えないことで様々な問題を抱えているケリチョーの女性/少女たちの状況を改善できればという狙いです。
 クラウドファンディング開始時はまたフェイスブックでもご報告いたしますので、その際は是非プロジェクトについて知っていただき、温かいご支援がいただければ幸いです。

IMG_20200717_113318_786.jpg(上)雨水タンクの壁画のためのワークショップで絵を描く、ケリチョーの子どもたち

IMG-20201212-WA0004.jpg(上)シンビの通学路補修工事の完了を祝う人々

低出生体重の赤ちゃんとそのご家族のための取り組みが紹介されました 活動ニュース母子健康手帳

HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)が取り組んでいる、母子健康手帳と一緒に使う低出生体重の赤ちゃんとご家族のための冊子について、NHKWEBニュース(11月23日)と読売新聞(全国版11月24日)で掲載されましたのでご紹介します。是非、ご覧ください。

safe_image.jpg

小さく産まれた赤ちゃん 保護者を手帳で支援する動き広がる | NHKニュース

127150265_2765495413724383_4203928746228224450_o.jpg

読売新聞(2020年11月24日付)

ベトナムの母子手帳全国展開について 活動ニュース母子健康手帳

********************************************************************************************************

HANDSテクニカルアドバイザーである板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)から
ベトナムの母子手帳全国展開に関してご報告いただきましたので紹介いたします。

報告にあるとおり、ベトナムの母子手帳普及には多くの日本の民間企業が協力しております。
そして、以前からベトナムの母子手帳普及に深く関わっていた板東あけみさんが、日本企業の協力に
ついても重要な役割を果たしてきております。またHANDSも、部分的ではありますが、
日本企業協力に貢献しております。

********************************************************************************************************

ベトナムの母子手帳全国展開

ベトナムでは、家庭用保健記録媒体として母子手帳への1本化を進め、すべての省を対象に母子手帳の導入研修が完了しました。そして、これからの全国展開の実施を指導するために、ベトナム保健省は2020年10月22日にハノイ市で、北半分の各省代表を招いてワークショップを開催されました。当初の予定では100人の参加でしたが、結果140人の参加がありました。会場では独立行政法人国際協力機構(JICA)ベトナム事務所からのご挨拶に続き、保健省副大臣からの方針が述べられました。

ベトナム母子手帳関連.jpg

ベトナム母子手帳関連2.jpg

ベトナム母子手帳関連3.jpg

ベトナム母子手帳関連4.jpg

ベトナム保健省が母子手帳に関わり始めた当時、保健省母子保健局副局長として活躍していた、現在の技術顧問から母子手帳の意義などについて発表がありました。

ベトナム母子手帳関連5.jpg

ベトナム母子手帳関連6.jpg

10月29日にはホーチミン市で南半分の各省代表を集めて同じくワークショップを開催されました。このワークショップでは、日本のNGOの提案で1998年から母子手帳を使っているベンチェ省から、長期使用の経験も共有されました。

ベトナム母子手帳関連7.jpg

上が参加者に配られた配布資料です。この中には、2020年から使用される改訂版の母子手帳、まず22省を対象にこれから母子手帳と一緒に妊婦さんに手渡されるマタニティーマークや、LIONが作成されて保健省の承認を受けたデンタルケアの資料が入っています。また、ベトナム保健省は、私立銀行の協力を得て電子母子手帳とATMカードの機能を合体させたカードを作られ、ハノイ市と1つの省で試行される予定です。そのカードと説明資料も、ワークショップの発表原稿と合わせて入っています。

ベトナム母子手帳関連8.jpg

ロゴが示しているのは、保健省レベルの導入からフォローアップまで長年にわたり協力をされているJICAのほかに、日本企業で協力をいただいたユニ・チャーム、和光堂です。そして、ひまわりの会が提供される日本と同じデザインのマタニティーマークの導入に関して協力されたヤマハ発動機や、デンタルケア情報を提供されたLIONです。

このような日本の官民の協力により、日本発の母子手帳やマタニティーマークがこれから根付いていくことで、ベトナムでの母子保健の向上に貢献し、さらには親日感情も高めていくことにつながることが期待されています。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

HANDS東京事務所

シエラレオネ「2020年6月から8月にかけての活動」 活動ニュースシエラレオネ

前回、「シエラレオネでは10月5日から学校が再開し、学校給食がはじまりました」という記事を掲載しました。今回は6月から8月にかけての活動内容についてお伝えしたいと思います。

2020年4月からの活動として、2019年4月からモリンガ・スクールガーデン・プロジェクトを始めた5つの小学校で、児童の母親に対象を広げ、母親グループが小学校敷地でモリンガ野菜農園を設立・運営して、そこで収穫されたモリンガや野菜を使った食事を家庭においても提供することにより、児童の栄養改善を図ろうという計画を立てていました。しかしながら、世界的なCOVID19拡大のため、プロジェクトマネージャーの藤井は、2020年3月に予定していた現地訪問を断念し、4月と5月は現地での活動は休止してしまいした。
このため、活動内容の変更を余儀なく検討し、母親対象にモリンガ野菜農園を拡大していく代わりに、6月より新たに5つの小学校でモリンガ・スクールガーデン・プロジェクトを開始することにしました。カウンターパートである現地NGOのCommunity Action for the Welfare of Children (CAWeC)の活動報告から主な活動内容を、以下にまとめました。

主な活動内容
<6月>
・国連世界食糧計画とともに、新たな5つの小学校を選考
・5つの小学校の近郊コミュニティーに、モリンガ・スクールガーデン・プロジェクトについて説明
・ 学校関係者がモリンガと野菜の種を植える土地を準備
・農具と野菜の種を購入
<7月>
・ 農具と野菜の種を各小学校に配布
・教員、学校運営委員会、母親サポートグループ、学校保健クラブが、モリンガと野菜の種を植える土地の開墾
・モリンガと野菜の種の植えつけ
<8月>
地域住民の協力のもと、下記の活動を行いました。
・モリンガ・スクールガーデンを家畜から守るための柵を設置
・モリンガ・スクールガーデンの雑草の除去
・害虫対策を指導
・水はけをよくするための排水の工夫

~~購入した農具を学校関係者に配布~~

~~土地開墾~~

<課題>

一方で、活動を進めるうえで、以下のような課題がありました。

<6月>

・学校の再開の目途が未だに立っていない。

・COVID19拡大の影響により、農具と野菜の種の値段が急上昇した。

<7月>

・豪雨と洪水により、乾季に湿地帯に設立したモリンガ・スクールガーデンが水浸しになり、モリンガの成長を遅くさせている。

・学校の閉鎖により通常のモリンガ・スクールガーデン活動に影響を与えている。

<8月>

・シロアリや害虫によるモリンガの葉に被害を及ぼしている。

・やぎ、羊そして牛などの家畜が野菜に被害を及ぼしている。

・豪雨により、モリンガの発芽や成長が遅い。

~~害虫の被害を受けたスクールガーデンの野菜~~