• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > ケニア

ケニア
活動や現地の魅力などをスタッフからご紹介します。

ケニアからの最新活動報告 活動ニュースケニア

「テゥブテゥネ」

昨年までのプロジェクトの一つの柱であった幼稚園の給食が軌道に乗り、私たちはその中心メニューであるUjiの栄養価の改善に取り組んでいる。

Ujiとは雑穀のさらさらとしたお粥で、幼児や子供の朝食やおやつの定番。食べる物というより飲む物といった感覚のようだ。好まれる味は、砂糖を加えた甘いシンプルなもの。私たちはこのUjiに豆の粉やつぶしたバナナ、ピーナッツの粉や地元産の糖度の高いサツマイモなどを混ぜ、安価なレモン(ライム)で変化をつけるなどし、砂糖を減らし同時に栄養価を高めることを狙っている。

人も家畜も雨の再来を待つ2月。乾いた空気の晴天のある日、イベントのホストを務めるKaptalamwa小学校に、鍋と木べらをもって参集したのは参加幼稚園5校と地元農業局、教育局、保健局、地域の保健ボランティア、そしてHANDS。考案したUjiレシピを持ち寄り、青空の下、調理デモと試食会に臨んだ。薪で調理した自慢のUji。試食会ではレシピ開発の苦労話や自慢話に花が咲き、その後の話し合いでは現場の調理担当者の積極的な発言もあるなど、学校給食が様々な役割の人により実現していることを感じた。

写真1地元地域保健担当官のエラストさん.jpg

写真1 地域保健担当官のエラストさん

写真2Ujiを片手に.jpg

写真2 Ujiを片手に

参加団体の一つである農業局チームは、現在推進しているアマランサスの種の粉を混ぜたレシピで試食会に臨んだ。アマランサスはすでにその葉は野菜として食されてはいるが、種の栄養価が見直されている。参加者には農業局からその優れた栄養価や市場価値に関する講義があった。

そんな中、午後の日差しを背中に受けあることが頭をよぎった。私の住むアメリカの昨今のヘルスプロモーションをめぐる世界では、「Scientific」という名の下、「Expert」と呼ばれる人たちが食品の栄養素ばかりを強調。食べ物から切り離された栄養素は一人歩きしているようにさえ思う。食べ物は単に栄養素を運ぶ道具ではなく、伝統や文化であり、喜びであり、他者や社会、ひいては宇宙とのかかわり方を学ぶ手段でもあると思う。たとえ、栄養不良と隣り合わせの厳しい環境にある子供たちを対象にしようと、いえ、だからこそHANDSには、栄養素主義に終始せず食の可能性を意識しながら包括的な食と栄養へのアプローチを忘れないでほしい、と。

突然明るい笑い声と共に私の目の前で「テゥブテゥネ」「うん、その通り(筆者訳)。テゥブテゥネ」という軽快な会話が。長年HANDSの力強いパートナーとして活躍している地域保健担当官のエラストさんと、HANDS事務職員のデボラ嬢のコンビ。彼らの口から「テゥブテゥネ」を耳にしたとき、それが英語なのか、スワヒリ語なのか、はたまたKipsigis語なのか私には全く見当がつかず、「あっ、もしや」と思ったのはしばらく経ってからのことだった。日本語だった。横からプロマネが、昔別なプロジェクトでの試食会で日本から参加したHANDS元職員が、舌触りを形容したときに使用した言葉だったことを教えてくれた。二人はその言葉の響きをやけに気に入り、今でも使うのだという。

農業局のアマランサスの種子の粉の混じったUjiは、「テゥブテゥブ」感というより「ザラザラ」感が今一つだったことを私は大変残念に思いながら、校庭で遊ぶ児童たちに見送られ会場を後にした。

国際障がい者Day in Kenya 活動ニュースケニア

またまたHANDSケニア・インターンの原です。

今回は・・・突然なのですが、12月3日は何の日でしょう?じつはじつは、国際障がい者デーなんです。 それにちなんで「何かできないかな~。」とカプレラッチのサニタリーパッドチーム(CHV)に話してみると「それなら、近所に精神疾患のある母親と赤ちゃんが暮らしているんだけど、周りに助けてくれる親族がいないみたいで2人暮らしなうえに時々食べ物をもらいに近所の家を訪ねているみたいなんだよね。私たちの得意な裁縫をいかして、お母さんと赤ちゃんのためにベビーキャリーを作ってプレゼントしてあげるのはどうかな。」とサニタリーパッドチームのリーダー、ボニスが話してくれました。

ボニス自身も右足に疾患を抱えながらテーラーの仕事をしつつ、シングルマザーとして1人息子を育ててきたお母さんです。まだまだ「障がい」に関しての知識が乏しく、偏見や差別が根強く残るケニアでハンディキャップを抱えながら暮らすということがどれだけ大変なことなのかボニスには分かっていて、だからこそ何か感じるものがあったのではと思いました。

活動にはセンシティブな部分も含んでおりHANDSとしてムズング(外国人)の私が直接村の人々に関わってしまうと、どうしても期待が大きくなってしまうことから今回はCHVのみで活動してもらい、後で写真を見せてもらうことになりました。

そして迎えた12月3日・・・には間に合わず(ここはポレポレで(^^;)、さすがケニアです。)結局12月5日になってしまいましたが無事にそのお母さんと子どもにベビーキャリーを手渡すことができました。 とはいっても、写真を見ていただくと分かるように布を巻いただけ?のような気がするようなしないような。 もっと簡単に背負えるように何か工夫がされるのかとばかり思っていました。

IMG_5265.jpeg

写真撮影にちょっと照れてる・・?

IMG_5268.jpeg

ベビーキャリーのはずが・・・

IMG_5266.jpeg

CHV(左)と母親(右)

もっとちゃんとCHVと話し合っておくべきだったな~と反省中です。う~ん、人材育成って難しい! CHVと出会ってから4ヵ月が過ぎ、友達のように言い合える仲になったと思っていても、思いが通じていなかったり意見が言いづらかったり、これなら簡単にできるだろうと思っていても、なかなかできなかったりなんてことはしょっちゅうで、悩む日々です。日本だったら・・・が通じない!!!

いいことばかりだけではないのがリアルなところです。CHVとともに私も日々勉強・成長中です! 反省や改善点は多く残りましたが、CHVと私の活動の第1歩くらいにはなれたのかなと思いたいところです。 今後もサニタリーパッドチーム(CHV)のみなさんと一緒に頑張っていこうと思っています。 どうぞあたたかく見守っていただけると嬉しいな~と思っています。

今年はHANDS KENYAのFacebookページに近況を載せていますのでそちらも、どうぞよろしくおねがいします(^O^)

つづく

ケニアでインターン中の原知里さんから便りが来ました 活動ニュースケニア

Hara.JPG 集合写真・伝統衣装を着せてもらったHANDS ケニアスタッフ(1番左)と私(左から2番目)

こんにちは!

20189月から文部科学省が展開する「トビタテ!留学JAPAN」の留学支援制度を使って、HANDSケニアでインターンをさせてもらっている九州国際大学、国際関係学部の原 知里です。

ケニアに来てから4ヵ月も過ぎちゃいました・・・紹介が遅くなってしまい、すみません・・・!ポレポレ・・・。

HANDSケニアでは、「Nico Nico プロジェクト」という布ナプキンの普及と衛生教育活動をさせてもらっています。人材育成の難しさと楽しさをヒシヒシと感じる毎日です。

そんな毎日のなかで、ちょっと嬉しい出来事があったので報告させてください。

昨年末、Kejiriet CHUCHC(コミュニティ・ヘルス・コミティー)、CHV(コミュニティ・ヘルス・ボランティア)がHANDSCHA(コミュニティ・ヘルス・アシスタント)のために日頃の感謝の気持ちを込めてセレモニーを行なってくれました!

ホームエコノミクスの研修後、KejirietCHV達からHANDSのスタッフやKejirietを担当するCHAに「ちょっと外に出て待っていてね。」と言われ、待つこと30分・・・「中に入ってきていいよ~。」と言われたので中に入ると、歓迎の歌と拍手とともにCHCCHVが待っていました。

思いもしなかったサプライズにCHAやスタッフは驚きつつ嬉しそうな様子でした。

(後から聞くと、こんな出来事は今まで活動してきた中で初めての経験だったようです。)

続けて、CHV達からHANDSスタッフ1人1人に鶏、パパイヤ、バナナ、トウモロコシ、パイナップル、ケールなどなど抱えきれないほどのたくさんの贈り物が手渡されました。

生きたままの鶏を手渡されたときには、初めての経験だったこともあり、うまく言えませんが命をいただいているようでちょっとドキドキしてしまいました。(_;)

鶏はクリスマスなどの特別な時にのみ食べる特別な物だと聞いていたので、こんなに貴重なものをくれるなんて、ありがたいな~!と思うと同時に、彼らにとってHANDSの活動がどれだけ大きな存在であるかを考えさせられました。

その後、Kejiriet CHCCHV達からHANDSへ感謝の言葉が述べられました。

ある1人のCHCは「HANDSとの活動がはじまって、約4年が過ぎました。私達の生活は大きく変わることができました。今日の贈り物はHANDSと行なった家庭菜園やIGA(Income Generating Activity)活動で収穫できたものです。本当に感謝しています。ありがとう。」と感慨深く話してくれました。

まだ4ヵ月しかHANDSで活動していない私ですが、CHCCHVからの思いが込められた感謝の言葉にHANDSKejirietCHCCHVとの強い絆を感じ、ウルッとなってしまう場面が何度かありました・・・。CHVの何人かもウルッときている様子でした。(*^-^*)

KejirietHANDSの事業地のなかでも特に僻地に存在し、環境的にはかなり厳しいはず・・そんな環境でも?そんな環境だからこそ?CHCCHVのやる気やモチベーションは高く、さらに抜群のチームワークを発揮し、学校給食の導入や衛生的なトイレの設置などなど急成長を遂げています。その陰にはやはりHANDSの存在があり、この4年間互いに切磋琢磨し合いながら、コツコツと地道に活動してきた結果なんだろうな~と思いました。

KejirietCHCCHV達から贈られた物や言葉はHANDSケニアのスタッフやCHAのモチベーションにつながり、「また、来年も頑張っていこうね。」と言い合っていました。とても素敵な関係ですね!!!

私もいつかこの中の1人になれているといいな~。

そんな、昨年末の嬉しい出来事でした。

おわり。

保健ボランティア・調理師の衛生研修に参加して 活動ニュースケニア

HANDSのケニア事業を以前から支援して下さっている鈴木佳奈さんが、201712月の保健ボランティアと調理師を対象にした衛生研修を訪問してくださり、感想をいただきました。

鈴木さんのHANDS事業地訪問は2回目です。当初よりコミュニティの活動に関心を持たれ、現在青年海外協力隊として、ケニアのHIV/AIDS感染率の高い地域で、保健医療に関する活動をされています。

栄養プロジェクト基礎調査スタート 活動ニュースケニア

ケニアでは、今年2017年4月から新たに栄養事業が始まりました。

フィールドであるケリチョー郡ソイン地区で、 事業の対象となるECDセンター(幼児教育施設:Early Child Development)の子どもたちの 栄養状況を確認する基礎調査からまず最初に行いました。

20170825_01sm.jpg 身体測定の様子

4月7日は「ワールド・ヘルス・デイ2017」 活動ニュースケニア

今年のテーマは「Depression: Let's talk (うつ病:一緒に話そう!)」でした。

HANDSの活動地のケリチョー郡でもこの日、ヘルス・プロモーション・チームがキャンペーンを実施し、HANDSケニア事務所のスタッフたちも参加しました。

いつも太陽が輝き、雨が多く緑が美しいケリチョー郡ですが、精神を患う人々も存在し、HANDSの事業地でも、保健ボランティアが家族と共に見守っています。

テルモ生命科学芸術財団様から助成いただきました 活動ニュースケニア

公益財団法人テルモ生命科学芸術財団様より、医療・健康等向上貢献事業助成として、ケニアの保健ボランティア育成事業を採択いただきました。

ケニアの農村部では、医療施設までの道のりが遠い人たちが多くいます。たとえ医療が身近に無くても、基本的な予防法を知って、実践できていれば、防げる病気や守れる命は多くあります。

しかしながら、インフラが整っておらず、道路状況が悪くて交通手段もなく、伝統的家屋が点在するような農村部においては、その基本的な保健知識や情報を正確に伝達し、実践を積み重ね、習慣化していくことは、容易なことではありません。

私たちの想像が及ばないほど、じつは大変なことなのです。

20170209_kenya4.jpg

無煙かまど作り、台所にも光を 活動ニュースケニア

ケニアの伝統的な台所は、three stonesと言われる、鍋の支えとなる3つの石の真中で薪に火をつけるもの。室外でも簡単にできますが、室内でこれを行うと、煙がもうもうと立ち込め、慣れない人はたちまち目から涙がボロボロ、10秒と中にいられません。

20160224_01.jpgケニアの主食ウガリを作るかまど。火が立ち上がり、煙が充満する台所

2016年「寛容」の年に、ケニアから学ぶ 活動ニュースケニア

今年2016年は、日本や中国では丙申(ひのえさる)の年。Fire monkeyの年です。

新年早々、今年の抱負が話題になったケニアでは、Fire monkeyと言うと、皆さんに大いに笑われてしまいました。ケニアでは、おサルさんは身近な存在ですが、年のシンボルにはならないようです。

20160220_01.jpgスタッフアパートのベランダに時折訪れるお猿さんたち

GGG+フォーラム2016 参加報告 活動ニュースケニア

ケニア国内担当の平野です。

先日「GGG+フォーラム2016:G7サミットとグローバル・ヘルスの課題」に出席をしましたので、ご報告です。
今年5月にG7伊勢志摩サミットの開催されますが、安倍総理が保健分野をサミットのアジェンダとして取り組むことを表明したことを踏まえて今回フォーラムが開催されました。国際保健に関わる幅広いステークホルダーが参加し、G7へ向けて活発に意見交換がなされました。

「GGG+」とは、Global Fund(グローバルファンド:世界エイズ・結核マラリア対策基金)、Gaviアライアンス、GHIT(グローバルヘルス技術振興基金)をはじめ、WHOや政府関係者が集まる会合を意味するようです。

IMG_2575.JPG

【写真:イベント配布物】