ホームHANDSの活動(保健医療システムの開発/実践) > スーダンプロジェクト
イベント報告
HANDSとは
設立とミッション
事業概要
活動マップ
HANDSの活動
医療システムの開発/実践
人材育成
セミナー・ワークショップ
国際的な研修
アドボカシー
母子手帳を通じた国際協力
広報・出版
会員・寄付金募集
会員募集
寄付金
支援物品募集
HANDSとCSR
概要
連携メニュー
連携事例
医療機関との連携
人材募集
リンク集
お問合せ
お問合せフォーム
アクセス
サイトマップ
個人情報の取扱いについて
ブログ
トップページへ
HANDSの活動
保健医療システムの開発/実践
スーダン

スーダンでは1983年以降長い間内戦が続いていましたが、2005年1月に南北包括和平合意(CPA)が成立し、復興に向けた取り組みが開始されています。2011年7月には、南スーダンが分離独立を果たしました。 しかし、保健医療分野においては多くの課題が残されており、とくに乳幼児死亡率の削減や妊産婦の健康改善は急務となっています。

町の病院から遠く離れた村に住む妊婦は、自宅で出産することが多く、そのお産を仕切っているのが、村落助産師(Village Midwife)です。彼女たちの多くは十分な高等教育を受けておらず、また助産師になってからも技術や能力を高める機会が十分に提供されていませんでした。

2008年から3年間にわたるJICA技術協力プロジェクトにて、HANDSはセナール州で村落助産師に対する現任研修(In-service training)(注1)の仕組みづくりに携わってきました。その「セナール州での成果を全国に広げたい」という関係者の熱意が実り、本プロジェクト(フェーズ2)が始まりました。セナール州で妊産婦や新生児の健康を改善するための包括的なモデルを確立する、スーダンの8州において研修を行い村落助産師の能力の向上をはかる、保健省における母子の健康をまもる仕組みづくりを強化する、という3つの目標に向かって、スーダン政府関係者と日本人チームが一体となって取り組んでいます。

(注1)現任研修(In-service training) :実際にその職に就いている人たちに対する研修
  出産キットを手にする村落助産師
  (セナール州 ワダニール)
 プロジェクト事務所と日本人スタッフ
  (セナール州シンジャ)

活動レポート
病院をきれいにしたい!(2014.3.31)
スーダン・ナイト(2014.3.26)
数字が読めない村落助産師さんも大丈夫(2014.2.5)
JICAプロジェクトニュース更新「セナールにおける包括的アプローチ(2)」(2013.12.24)
   

JICA技術協力プロジェクト スーダン国 フロントライン母子保健強化プロジェクト(マザーナイルプロジェクト) フェーズ2
実施期間 2011年9月−2014年8月
対象地域 スーダン国全15州
対象地域地図
<クリックで拡大表示されます>
カウンターパート ・連邦保健省(Federal Ministry of Health (FMOH))
・各州保健省(Ministry of Health (SMOH))
支援対象者 FMOH、SMOHスタッフと、スーダン全州の村落助産師(Village Midwife:VMW)
実施体制 ・HANDS(専門家および業務調整員6名)
・フジタプランニング(コンサルタント3名)
プロジェクト目標 スーダン全州において、村落助産師(VMW)の能力が強化され、妊娠から出産にかかわる継続的で良質なケアが提供される。
活動内容
村落助産師(VMW)の能力強化のために、各州の状況にあった研修制度を確立する。
病院施設改善のため、医療機材の提供、および維持管理体制を築く。
上記、母子保健サービスを提供していくための、中央保健省と各州保健省の管理支援体制を強化する。
>>JICAのプロジェクトホームページ
>>過去のスーダンプロジェクト
プロジェクト活動トップへ
このページのトップへ