ホームHANDSの活動(保健医療システムの開発/実践)過去の活動
ブラジル・アマゾン地域保健向上プログラム概要(2003年〜2006年) > 活動詳細
whatsnew
イベント報告
HANDSとは
設立とミッション
事業内容
活動マップ
HANDSの活動
医療システムの開発/実践
ブラジルプロジェクト
ケニアプロジェクト
インドネシアプロジェクト
人材育成
セミナー�・ワークショップ
国際的な研修
アドボカシー
広報・出版
会員募集
設立とミッション
寄付金
人材募集
リンク集
お問合せ
お問合せフォーム
アクセス
サイトマップ
個人情報の取扱いについて
ブログ
トップページへ
ブラジル国アマゾン地域保健向上プログラム
活動詳細
<市長選挙とプロジェクトへの影響>

2004年10月の市長選挙により、前市長が敗退し、2005年1月から新市長に交代しました。

2005年1月から就任した新市長と3月に就任した新保健局長はHANDSのプログラムを理解し、協力関係を結んで活動を実施していくことを約束し、協力関係が持続しています。

2004年3月に、95名のCHWの1/3が解雇され、新たな人材が採用されました。現在120名のCHWが働いています。


<コミュニティ保健ワーカー(CHW)の能力向上のための支援活動>

コミュニティ保健ワーカー(CHW)の機能強化とCHWの「モティベーション」を向上させる目的で毎月1回、様々なテーマで研修を行っています。

研修を通して、CHWが活用できるわかりやすい教育教材の必要性が高まり、HANDSオリジナルの教育教材(紙芝居、ビデオなど)を作成しました。

保健局スタッフとHANDSローカルスタッフが、市街地と遠隔地のCHWに対して支援的なスーパーバイズ(Supportive Supervise)を行っています。

CHWのトレーニング:実習(血圧測定)や話し合いを通して学ぶ
<CHWのトレーニング:実習(血圧測定)や話し合いを通して学ぶ>
遠隔地に住む出産リスクを持つ妊婦が出産までを過ごす「お産を待つ家」が開所し、妊婦および付き添い家族の入所が始まりました。これからもHANDSは「お産を待つ家」の市保健局による持続的な運営を目指して支援を続けます。


<コミュニティ保健ワーカー(CHW)基盤強化のための住民活動>

市街地全コミュニティと遠隔地の数コミュニティにおいて、CHWが主導してヘルスプロモーションを行い、各コミュニティから多くの参加者を得ました。

教会住民組織による「子供の健康の日活動」との連携を進め、CHWや住民が担当コミュニティでの活動に参加できるようボランティア研修を支援しています。

地域の教会住民組織との「子供の健康の日活動」の共同開催や、CHW主催の住民集会を通して、CHWと地域との連携が深まりつつあります。

「子供の健康の日」の体重測定
<「子供の健康の日」の体重測定>
CHWが地域の保健状況を地域リーダーに説明する会議の開催を支援したところ、参加した地域リーダーからCHW業務への協力の申し出がありました。

保健サービスに対する住民からの声を市保健局に伝える仕組みづくりを計画しています。



当サイトは特定非営利活動法人HANDSの公式サイトです。
Copyright (C) 2002-2007 HANDS. All rights reserved.