ホームHANDSの活動(保健医療システムの開発/実践)ブラジルプロジェクト > 現地スタッフ
HANDSの活動
保健医療システムの開発/実践
ブラジル
マニコレで働く現地スタッフたち
テカ テカ
2004年2月より参加。
元コミュニティヘルスワーカー。准看護士。現在、HANDSスタッフとして働きながら州立大学マニコレサテライトキャンパスで政治学を勉強中。市長、保健局長などが同級生なため、市役所との交渉役も務める。
CHWのトレーニング、CHWの地域活動のためのツール開発、CHWによる患者リファラルの支援を担当。
活発な性格。
エメーソン
2005年3月より参加。
母親がインディオで、本人もインディオとして登録されている。
インディオ関係のNGOでの経験が豊富。ロジスティック、会計などの面で定森の補助を行なっている。
非常に几帳面でまじめ、かつマッチョ?(他のスタッフがピンク色のホチキスを彼の机に置くと、必ず、別の黒いホチキスと取り替える。また、机に花を置いておくと必ずどけて別の机に載せかえる)。
マリア・フランシスカ マリア・フランシスカ
2005年4月より参加。
准看護士。元コミュニティヘルスワーカー。
現在遠隔地CHWのスーパーバイザーとして月の半分を船旅ですごしている。
非常に穏やかな性格だが、遠隔地コミュニティのジャングルの中を歩き、自転車で走り回る気迫もある。

ジウソン ジウソン
2005年4月より参加。
准看護士。元コミュニティヘルスワーカー。2005年3月まで遠隔地コミュニティでCHWとして働いていた。
現在市街地CHWのスーパーバイザーとして活動中。
大変な苦労をしながら、市街地で行なわれていた准看護士育成コースに参加し、卒業式では首席として総代を務めた。
現在、市街地に移り住み、市街地CHWのスーパーバイザーとして活動しながら高校に通っている(遠隔地には高校がないため)。

当サイトは特定非営利活動法人HANDSの公式サイトです。
Copyright (C) 2002-2009 HANDS. All rights reserved.