ホーム > 9/28 HANDSセミナー「アフリカでより多くの母と子の命を守る!」

イベント報告
HANDSとは
設立とミッション
事業概要
活動マップ
HANDSの活動
医療システムの開発/実践
人材育成
セミナー
国際的な研修
アドボカシー
母子手帳を通じた国際協力
広報・出版
会員・寄付金募集
会員募集
寄付金
支援物品募集
HANDSとCSR
概要
連携メニュー
連携事例
医療機関との連携
人材募集
リンク集
お問合せ
お問合せフォーム
アクセス
サイトマップ
個人情報の取扱いについて
ブログ
トップページへ
What's New
申込はこちら

長年続いた内戦の影響もあり、厳しい母子保健状況が続くスーダンで、マザーナイルプロジェクト(JICA技術協力プロジェクト)は、スーダン保健省とともに、2008年よりフェーズ1、フェーズ2と展開し2014年8月に終了しました。

施設や人材が不足するなか、村の母子に安全なお産を提供するために活躍する『村落助産師』。
セナール州で約600人の村落助産師に現任研修を実施した人材育成の仕組みは、国際機関の協力などにより8つの州へも広がりをみせ、1000人以上の助産師が研修を修了することができました。

またセナール州では、保健医療施設の改善やコミュニティ活動など広がりをもった、妊娠〜産後までの継続ケアを強化する包括的な仕組みづくりをめざしてきました。

足かけ7年、広範囲にわたった活動を振り返り、その成果や変化の兆しをご紹介します。

 国際協力セミナー(NPO法人HANDS会員総会併催)

 アフリカでより多くの母と子の命を守る!
  〜スーダン・マザーナイルプロジェクトの軌跡〜

日時 2014年9月28日(日)15:00−16:30
会員総会:13:45−14:45
(HANDSの活動全般を報告します。会員以外の参加も歓迎です)
懇親会:16:30−17:30
チラシPDF

PDFチラシ
会場 HANDS会議スペース
(東京都文京区本郷3-19-4 本郷大関ビル2F)
http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html
※東京事務所(山の手ビル)ではありませんのでご注意ください。
参加費 無料
登壇者

・中村 安秀(HANDS代表理事 / 大阪大学大学院 教授)
スーダンプロジェクト(フェーズ2)チームリーダー。
1977年東京大学医学部卒業。小児科医。JICA専門家やUNHCRなどにおいてグローバルな保健医療活動に取り組む。
学際的な視点から市民社会に役立つ研究や教育に携わり、2000年NPO法人HANDS設立。

ほか、HANDS/パートナー企業のプロジェクトメンバー数名

申込はこちら
 
このページのトップへ