• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > インフルエンザ予防接種プチ情報を陸前高田のお母さんたちに
活動ニュース東北復興

インフルエンザ予防接種プチ情報を陸前高田のお母さんたちに

こんにちは。
東北復興支援事業担当の小林です。

11月3日から陸前高田市に、「おやこの広場 きらりんきっず」で、「こども健康サロン」を開催するために行ってきました。

陸前高田市子育て支援センター「にこにこ」「あゆっこ」での活動の様子はこちら↓↓

講師に県立高田病院/副院長の小児科医師・大木先生をお招きし、この季節に心配な「ノロ、ロタ、インフルエンザなどの感染症ややけど」をテーマにお話しして頂きました。

▼参加されたお母さんたちは真剣にメモをとられています▼
IMG_1359.jpg

インフルエンザの予防接種については、この日もたくさんの質問がありましたが、
日常の診療の際にも質問が多いそうです。

~大木先生、インフルエンザ予防接種のプチ情報~
予防接種は毎年必要
10~12月までに接種
2回接種(13歳以上は1回)
2回目の間隔は、1~4週間あける
生後6か月から接種可能

また、大木先生からのアドバイスとし、

「受けていてもかかることはあります、
接種していればかかる率も重症になる率は非常に少なくなります。
赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭は
全員で積極的に接種することをお勧めします。」

と、お話をされていました。

サロンの後半は、参加されたお母さんたちから大木先生に主に子育てや病気についてなどをざっくばらんに
「子どもの頭痛について」や「インフルエンザ脳症を誘発するお薬について」質問がありました。
なかなか病院の診療中に聞きにくい素朴な疑問を知ることができ、お母さんからは「次は〇〇についても知りたい~」という声も聞かれました。

▼大木先生を囲んでみんなで集合写真▼
IMG_1364.jpg


最後に、陸前高田市の美食をご紹介します!
この時期は、秋冬場は、なんと言っても、海鮮!牡蠣!!

▼牡蠣!牡蠣!この量でも、2人前です▼
牡蠣


「牡蠣小屋」に行って参りました~。
左真ん中が牡蠣フライ、右真ん中が蒸し牡蠣、牡蠣汁、牡蠣ご飯もついています!

蒸し牡蠣は、アッツアツなので、ゴム製のグローブを左手に装着し、ヘラで牡蠣の殻を開けていきます。
そうすると、大きいプリップリの身が出てきます!
陸前高田市の方からは、「これから寒くなるから、もっと、大きくなるよ~」と教えてもらいました。
東京ではなかなか手に入らない極上の新鮮さでした!

(東北復興支援事業担当:小林)

[東北復興]