• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 東北復興

東北復興
活動や現地の魅力などをスタッフからご紹介します。

5月22日(土)14時~ 国際ボランティア学会・共話シリーズ 第一回セミナー 「陸前高田:市庁舎も病院も流された!」 活動ニュースイベント東北復興

HANDSが約4年間にわたり行った、岩手県陸前高田市での復興支援活動等について震災から10年経過した現在、元HANDSスタッフを含めて関係者が話をされますので、是非、ご参加ください。

*************************************

東日本大震災が起きてから10年目の年を迎えています。
国際ボランティア学会では、東日本大震災が起きたときにまだ小学生だった学生も
気軽に参加でき、共に話せるような連続セミナーを企画しました。

オンライン共話シリーズ「東日本大震災 支援する人 される人」
第1回は5月22日(土)14:00~16:00 陸前高田がテーマです。

また、国際ボランティア学会の企画ですが、
学会員でなくても、どなたでも参加できます。
入場無料です。
以下の案内を、関心ある方々にお伝えいただけると幸甚です。
何とぞよろしくお願いします。

国際ボランティア学会・共話シリーズ
第一回セミナー 「陸前高田:市庁舎も病院も流された!」

○日時:5月22日(土)14:00~16:00
○参加方法:zoom(申し込み完了後、当日までにzoomのURLを送付致します。)

○登壇者:岩手県立高田病院副院長:大木智春
NPOきらりんきっず:伊藤昌子
元NPO・HANDS:西原三佳
近畿大学:元ユニセフ:安田直史
○企画:中村安秀:日本WHO協会、国際ボランティア学会会長
○ファシリテーター:中村安秀(日本WHO協会)飛田ほのか(名桜大学学生)

〇詳細:http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632136&c=1050&d=90cb
〇参加の申し込みは、以下のフォームに必要事項をご記入ください。
http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632137&c=1050&d=90cb

〇(企画者からのメッセージ)
2011年3月11日、陸前高田市は、市庁舎も県立高田病院も津波の直撃を受けました。
被災前の人口24,246 人に対し 1,757 人(行方不明者を含む)が犠牲になったといわれています
(2014年陸前高田市東日本大震災検証報告書)。
私も含めて多くの国際ボランティアの経験者たちが、いてもたってもいられずに陸前高田に駆けつけました。
そこには、多くの出会いと学びがありました。災害時のボランティア活動とは、
災害がなければお互いに知り合うこともなかったはずの貴重な協働の物語でもありました。
あのとき、何を思ったのですか? そして、いまは、何を感じていますか? 
いまだからこそ、いえることがあれば教えてほしい。
10年前に世界が震撼した大きな地震と津波があったことを共に話しましょう

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

キャピタル1000ロビー (3).JPG

陸前高田でパパスクールがはじまりました 活動ニュース東北復興

5月31日(日)、東北復興支援の一環で、陸前高田の民間子育て支援団体「NPO法人きらりんきっず」主催による、『陸前高田パパスクール』(全3回)が始まりました。
(本事業は、認定NPO法人ジャパン・プラットフォームの「共に生きるファンド」の助成支援をいただいています)

子育て支援でイベントをしても、来るのはお母さんばかり。

現在お父さん方は、市の復興や発展のために日々努力されている方が多く、なかなか子育てに割く時間が取れない。

そんな現状から、「以前に陸前高田にあったような父親も参加する地域ネットワークを再生し、地域で子どもを育てる環境にしたい」という思いが元になって、本講座の企画が生まれました。

参加した親子の皆さんと

5年目の3・11(1/30「復興4年目の声を聴く」レポート) 終了したイベント東北復興

今日、震災から丸4年、再び3月11日を迎えました。
段々と年月が経つにつれて、みなさんの思う、3・11はどのように変化してきていらっしゃいますか?

さる1月30日、HANDS事務所で東北復興支援イベントを開催しました。

20150311_event.jpg復興4年目の声を聴く「子どもは地域の宝」

インフルエンザ予防接種プチ情報を陸前高田のお母さんたちに 活動ニュース東北復興

こんにちは。
東北復興支援事業担当の小林です。

11月3日から陸前高田市に、「おやこの広場 きらりんきっず」で、「こども健康サロン」を開催するために行ってきました。

陸前高田市子育て支援センター「にこにこ」「あゆっこ」での活動の様子はこちら↓↓

講師に県立高田病院/副院長の小児科医師・大木先生をお招きし、この季節に心配な「ノロ、ロタ、インフルエンザなどの感染症ややけど」をテーマにお話しして頂きました。

▼参加されたお母さんたちは真剣にメモをとられています▼
IMG_1359.jpg

クリスマスオブジェ作りを楽しみながら、園芸・健康・育児のことまで 活動ニュース東北復興

きれいでしょ?
「すごいでしょ?ぼくのママが作ったんだよ!」

こんにちは。
東北復興支援事業担当の勝山です。
全国的に急に寒くなりましたね。皆さん、体調など崩されていませんか?
私はそろそろインフルエンザワクチンを接種して、感染防止に備えようと思います。

さて、11月3日(月)から陸前高田市へ行ってまいりました。

今回の出張は、

アロマソープ作りとホームメイドハーブティーを楽しむ 活動ニュース東北復興

こんにちは。

東北復興支援事業担当の勝山です。

今回は9月に陸前高田市にある2か所の子育て支援センター「あゆっこ」と「にこにこ」で開催されたイベントについてご紹介します。

集合
みんなで育てたハーブと手作り石けんと一緒に記念撮影

今回のイベントは千葉大学大学院看護学研究科と千葉大学園芸学部の協力を得た共同イベントのシリーズ第2弾です!

第 1弾はでは、今回使用するためのハーブ(ラベンダー、レモンバーム、ペパーミント、ステビアなど)の寄せ植えをし、子育て支援センターの先生によるアロマ スプレー作りを行いました。今回はその寄せ植えをしたハーブを使用して、アロマソープ作りとハーブティーを楽しもうという企画です。
詳細はこちら↓↓
土とアロマでリラックス@陸前高田

あゆっこ
熱心に石けん作りに取り組んでいます。お部屋中がアロマの心地よい香りに包まれました

土とアロマでリラックス@陸前高田 活動ニュース東北復興

こんにちは。東北チームの山中です。

7月29-30日の2日間、陸前高田市に行ってきました。
今回は千葉大学大学院看護学研究科の先生方と園芸学部の学生さんと一緒です。
高田に着いたらまず...お昼ご飯。
変換 ~ 1  変換 ~ 2
▲リニューアルオープンしたFRYINGPAN(元ハイカラごはん職人工房)。つけあわせに野菜たっぷりのハンバーグ。おいしいですよ~。
陸前高田、再生に向けて、一歩一歩、がんばっています。

さて。今回は2か所ある
地域子育て支援センター"にこにこ"と"あゆっこ"での活動です。

この活動は2回連続講座の一回目です。
第一回目はハーブの苗を植え、自宅に持って帰って育ててもらい、
第二回目はそのハーブを使って、ハーブ石鹸作りと、ハーブティーを楽しむ
...という構成になっています。

1