• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > おじいちゃん看護師が英語がペラペラな理由
活動ニュースパプアニューギニア

おじいちゃん看護師が英語がペラペラな理由

Apinun!(こんにちは!)

今日は、現在おこなっている調査の際に出会ったおじいちゃん看護師のマークさんについてご紹介します。

_1140334_convert_20141106211051.jpg
↑マークさんの診察小屋の前で。左から二番目の方が、マークさん。

マークさんはこの地域で唯一の医療者で、実は、英語がペラペラ。

パプアニューギニアでは英語教育が取り入れられていますが、英語を話すのはほんの一部です。
とくにこれまで私が出会ってきた年配の方々は、公用語のピジン語も話さず部族語のみという方が多かったのでマークさんの流暢な英語を聞いた時は驚きました!

彼の英語がこんなに上手なのには理由が・・・。

マークさんが看護師になったのは、オーストラリアから独立するもっと前でした。
当時エンガ州には、アメリカ人の宣教師が多かったそうです。

実はパプアニューギニアに医療と教育を持ってきたのは、キリスト教宣教師の方たちでした。
彼らは、教会を作り、病院を作り、学校を作り、コミュニティを作っていきました。
そのため、パプアでは女性の看護師さんの事を「シスター」と呼びます。
私もパプアでは「シスターミワ」です。

マークさんはアメリカ人が運営する看護学校で医療を学び、そして長いあいだ、彼らが経営する病院で働いていたそうです。
だから英語がペラペラだったのですね。

「看護学校ではまず、ABCから習ったんだよ。
それまで学校なんてものは村になかったし、文字と生活をしていなかったから、なんだかわけがわからなかったよ。
それでもABCを勉強して、それからピジン語を習って、ピジン語を文字で書いてみたりした。
それから英語で体の部分の名前を勉強して、ABCで書いて、薬の名前を覚えて、病気の名前を覚えていったんだ」

「学校の授業よりもシスターの掃除の時間が厳しくてね。草を抜く理由がわからなくて・・・苦笑」
「最初にもらった白衣は白い洋服も初めてだったけれど、それよりも半ズボンの履き心地が悪くてね~」

こんなマークさんの若かりし頃の話も聞きながら、活動地域の情報を集めています。

さてさて、次回はそんなマークさんが看護学生時代に一番驚いたことをご紹介します。
次回もお楽しみに!
Lukim yu gen long sampela taim!(またお会いしましょう!)

(プロジェクト・マネジャー 寺田美和)

[パプアニューギニア]