• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 村落保健ボランティアの研修を再開しました!
活動ニュースパプアニューギニア

村落保健ボランティアの研修を再開しました!

2020年7月20日、村落保健ボランティアの育成研修を再開しました。

新型コロナウィルス感染防止策として集会を禁止されていたパプアニューギニアですが、これまでに確認された陽性者数は19名。

感染状況から100名以下の集会が認められることになりましたので、研修を再開することにしました。

20200722_1_resize.jpg

HANDS本部からの派遣スタッフはいまだ海外退避を続けている状況で、本部スタッフ不在の中での研修再開です。

研修再開に向けて6月末より何度も話し合いを重ねてきました。

今回の研修は、2014年の活動開始時から数えて10期目

参加者は徒歩でしか入ることのできない遠方の地域から来ています。

送迎バスが入れる地域まで数時間かけて歩いて来てもらい、日曜日は研修センター周辺の民家へ前泊、月曜日から研修へ参加してくれています。

参加予定者30名全員が来てくれました。

本当に遠くから、、、ありがたいことです。。。

研修初日は、開講式にエンガ州保健局の保健教育担当官とライガム郡保健担当官が同席、保健ボランティアの役割等についてお話をしてくれました。

本部スタッフはリモートで参加、という私たちにとっても新たな挑戦が始まりました。

日本国内でも感染拡大がみられつつありますが、パプアの研修センターでも日本の日常でも個人ができる予防対策は同じであることを実感しています。

研修を通して、深い山の奥に住む人々にも正しい情報が伝わり、個人が予防の意識をもって生活していくことの大切さを伝えていきたいです。

研修の様子については、こちらもご覧ください。

https://www.facebook.com/HANDSPNG/

[活動ニュース]