• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 活動報告(7)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
活動ニュースケニア

活動報告(7)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(7)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(7)

待ち望んでいたロックミシンを前にして誇らしげなボニス。初めて手にする直線縫いミシンの前でちょっと緊張した面持ちのエミリー。二人を高い所から屈託のない笑顔で見守るカロライン。この3人だったら、きっと困難も乗り越えて行ける。私たちHANDSケニアはそんなふうに思えるようになりました。

あ.jpg

5月25日、直線縫いミシンとロックミシンをKilegesのボニス宅に搬送しました。電気の来ていないこの地域ではミシンは足踏みですが、将来のためにロックミシンは電動にも切り替えられるようになっています。

実はこのミシン、厳密な意味での「寄付」ではありません。ビジネス基礎研修の一環として、いわば「条件付き供与」になっています。購入金額の12%を、今後10か月かけて毎月分割でプロジェクトに返却する、という研修最終日に結んだ合意に基づく供与です。この仕組みは彼女たちが学んだ投資という考え方に基づいています。ミシン2台は、このプロジェクトに寄付してくださった支援者のボニス達のビジネスへの投資です。そして購入金額の12%がそのリターンです。この割合は、ビジネス研修を計画したHANDS職員が、慎重に計算、配慮して決めました。10か月間HANDSはこのお金をとっておいて、皆さんのもう一つの大きな投資である「地域の少女たちの健康」に彼女たちがどれほど貢献(リターン)したかを測るためのちょっとした調査をしようと考えています。目に見えるリターンと目には見えにくいリターン。ボニス達のビジネスは、大きな可能性を秘めています。

今後の予定:最終報告会。(HANDSケニア)

[活動ニュース]