• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > シエラレオネでは10月5日に小学校が再開し、学校給食も始まりました
活動ニュースシエラレオネ

シエラレオネでは10月5日に小学校が再開し、学校給食も始まりました

シエラレオネも新型コロナウイルス感染症の影響で、6か月間小学校が閉鎖されていましたが、10月5日から再開されました。それに伴い学校給食も始まり、本当に良かったです。またブルキナファソのカウンターパートのモハメッドさんが9月24日から29日までカンビア県を訪れ、モリンガ粉末製造・貯蔵研修と、昨年度に続きモリンガ料理講習会を行ってもらいました。

ここに、もう1つうれしいお知らせです!国連世界食糧計画(WFP)のシエラレオネ事務所副代表の津村さんが、本プロジェクトを実施しています1か所の小学校を訪問され下記のコメントを下さいました。

☆☆☆モリンガとその他野菜はちゃんと育ってます。先月来られたブルキナファソのモハメドさんが再研修してくれたのも大きいですね。学校の先生も菜園で収穫していたお母さんたちも感謝していました。この学校では、(抜き打ち訪問でしたが)じゃがいもの葉、玉ねぎ、魚、焼き飯にモリンガパウダーをまぶすという栄養バランスのとれた献立でした。菜園のトウガラシは学校給食委員会の現金収入となり、魚や調味料の購入にあてられているとのことでした。協働ありがとうございます。これらの学校を是非シエラレオネ学校給食のモデル校にしていければと思います。☆☆☆

新型コロナウイルス感染症の影響で、日本からの渡航はまだ困難ですが、少しずつでも着実に、地元の方々だけで運営ができていることを知り、本当にうれしく思います。

また、下記URLより、シエラレオネ事業への寄付とマンスリーサポートによる支援ができますので、何卒ご支援ほどよろしくお願い申し上げます。

http://www.hands.or.jp/support/index.html Sierra Leone school lunch_20102020.jpg
[活動ニュース]