• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 第10回母子手帳国際会議 東京宣言
活動ニュース母子健康手帳

第10回母子手帳国際会議 東京宣言

2016年11月23日から25日、第10回母子手帳国際会議が東京で開催されました。 会議では、世界38の国と地域から集まった次世代のリーダーたちが一堂に会し、母子健康手帳が、「女性、子ども、家族、そして社会の誰もが取り残されない世界」を実現するための、必須かつ効果的な医療サービス提供の標準的の手法であることを確認しました。

「だれひとり取り残さない」という掛け声は、2015年9月の国連総会にて採択されました「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」における倫理的規範です。 私たちは、2030年までに貧困を終焉させ、地球を守り、繁栄を促進するという目標を達成するため、いまこそ国際連帯のもと努力することが求められています。

また、2016年8月に開催された第6回アフリカ開発会議で採択されたナイロビ宣言において、「質の高い生活のための強靭な保健システム促進」が3つの重要テーマの一つとして強調されたことを歓迎します。

母子健康手帳は、母親を通して家族によって管理することができるようにデザインされており、妊娠・出産から子どもの健康まで含めた、記入版・電子版の双方で医療記録がやり取りされる包括的なツールです。 日本では1948年に最初に導入されてから70年が経ちました。母親、新生児、子どもそして青少年に対して切れ目のないケアを提供する母子健康手帳は、すでに世界39の国と地域に広がり、必要不可欠なものとして利用されています。 このユニークな取り組みは、人々を中心に据えたアプローチ(people-centered approach)の概念を具現化するものとして、また、これまで日本政府が2016年5月のG7伊勢志摩サミットをはじめ重要な国際会議で強調してきた人間の安全保障の概念そのものです。

今回の会合は、2015年9月にカメルーンで開催された第9回母子健康手帳国際会議で採択されたヤウンデ宣言を受け、母子健康手帳の効果的な開発と実施に関する各国での学びを共有し、母子健康手帳の意義と効果を検証し、21世紀におけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成を推進するための戦略を話し合う貴重な機会となりました。

最後に、第10回母子健康手帳国際会議のすべての参加者は以下の提言を満場一致で採択しました。

東京宣言

「だれひとり取り残さない」
「女性、子ども、家族、そして社会の誰もが取り残されない」
世界を実現するための、母子健康手帳の活用

1.革新的なアジェンダであるSDGs(持続的な開発目標)に掲げられたUHC達成に向けた取り組みを加速させるため、母親、新生児、子どもそして青少年の健康を改善させる「母子健康手帳」を国際標準の手法として推進していくこと。

2.母子健康手帳は、コミュニティを通じた家庭から、国家レベルまで、公的機関やNGO、民間セクターを含めて、あらゆるレベルにおいて保健システムを強化するものであること。

3.母子健康手帳は、効果的かつ効率的なサービスの統合及びプログラムの連携を通じて、とりわけ生まれてから最初の1000日の間を含め、人の生涯を通した「切れ目のないケア(continuum of care)」を促進するものであること。

4.母子健康手帳は、切れ目のない医療サービス提供と相互コミュニケーションを確実なものとするために、医療従事者と患者、家族及び親族の間で医療情報やデータの共有を強化するものであること。

5.母子健康手帳は、両親とその子ども達の間の絆をより強固にし、同時に社会の連帯と公平に向けた世界的な市民運動を促進する象徴的な手段であること。

6.電子版母子健康手帳は、母親、新生児、子どもそして青少年の健康をより良くするために、技術発展と市場の機会を通じて、無限のイノベーションを生み出す可能性に満ちていること。

7.母子健康手帳はエンドユーザー及び関係するステークホルダーとのパートナーシップに沿って開発されることが重要であること。

8.母子健康手帳は、障害者、難民、移民、少数民族を含めて、貧困層や社会の主流から取り残された人々の包摂的な支援を促進するものであること。

9.母子健康手帳は、低出生体重児、障害のある子どもたち、公衆衛生危機や災害の影響を受けた子どもたちといった、特殊な状況に置かれた人たちが抱える喫緊の課題に応えるものであること。

10. 母子健康手帳プログラムを持続的に展開するために、相互連携・地域連携や連帯といった精神のもとで、各国のオーナーシップのもとに、政治的貢献、財源投資、開発パートナーや相互の学びあいによる技術支援が重要です。今こそまさに、世界標準としての母子健康手帳の利用をより着実なものとし、各国における母子健康手帳の展開をさらに推進するために、世界中のパートナー、国際機関、開発銀行やその他関係者に対して、より一層の貢献を呼びかける時であること。

11. 母子健康手帳は、将来の世界を確実に健康で、幸せで、繁栄したものとするために、私たちの社会が現在抱えている、多くのかつ複雑な課題を解決するための中心的役割を果たすと信じています。同時に、このような困難に立ち向かう人々をエンパワメントする大きな可能性を秘めています。

東京宣言はSDGs(持続可能な開発目標)時代における母親、新生児、子ども、そして青少年の革新的で、公平で持続可能な発展のための、まさにビジョンとして、さらなる注目を集めることでしょう。東京宣言は、私たちの世界、そして次世代のために母子健康手帳を普及するために、最大限の使えうる方策を書き出すことに対して、参加者全員の気持ちが一つになりました。

私たちは母子健康手帳の理念のもとに団結し、私たちの将来が、「女性、子ども、家族、そして社会の誰もが取り残されない」ものとなるよう貢献していくことを願います。

東京、日本

2016年11月25日

ENGLISH VERSION

Tokyo Declaration

"No One Left Behind"

Utilizing the MCH Handbook to achieve "No Woman, Child, Family, Society Left Behind"

Leaders for a New Development Era from 38 countries and areas from all over the world, meeting at the 10th International Conference on the Maternal and Child Health Handbook in Tokyo from 23rd to 25th of November 2016, have gathered at a critical and strategic moment in the initiative to recognize the MCH Handbook as a new global standard tool to promise essential and effective health services and achieve "No Woman, Child, Family, Society Left Behind".

"No One Left Behind" is an ethical imperative under the new development agenda in the Sustainable Development Goals (SDGs) adopted by the United Nations General Assembly in September 2015. We are required to make harmonized efforts to achieve goals to end poverty, protect the planet and ensure prosperity by 2030. We also recognize and applaud the fact that "promoting resilient health systems for quality of life" has been identified as one of the three pillars in the Nairobi Declaration, adopted at the TICAD VI Summit in August 2016.

The MCH Handbook is a comprehensive tool, designed to be kept by the family, that may contain on- and off-line health records and information on pregnancy, delivery and child health. It was first established in Japan in 1948. Nearly 70 years since its commencement, 39 countries and areas over the world have developed and use it as a unique and essential measure to address the need to provide a continuum of care for maternal, neonatal, child and adolescent health. This unique endeavor accommodates a people-centered approach, aligning it with the Human Security Agenda, which the Government of Japan strongly committed itself to in this conference as well as at other important conferences such as the G7 Ise-Shima Summit in May 2016.

The conference has provided an opportunity, following the Yaounde Declaration adopted by the 9th International Conference on the MCH Handbook, held in Cameroon in September 2015, to reflect on what has been learned about effective development and implementation; to re-examine the values and effects of the use of the MCH handbook; and to identify the directions and strategies required to promote Universal Health Coverage in the 21st century.

Finally, all the participants of the 10th International Conference on the MCH Handbook hereby conclude and recommend that:

Tokyo Declaration

"No One Left Behind"
Utilizing the MCH Handbook to achieve "No Woman, Child, Family, Society Left Behind"

1. The MCH Handbook is a global standard tool to improve maternal, neonatal, child and adolescent health to accelerate achieving Universal Health Coverage under the progressive agenda of the Sustainable Development Goals.

2. The MCH Handbook strengthens health systems at all levels, from the household through community to the highest national level, including public, NGO and private sectors.

3. The MCH Handbook promotes Continuum of Care through the life-course, especially during the first important 1,000 days of a child's life, through effective and efficient service integration and program coordination.

4. The MCH Handbook enhances health information and data sharing between health professionals and parents, and among family and kinship members, to ensure seamless health services and reciprocal communication.

5. The MCH Handbook is a symbolic instrument, which can enhance bonding between parents and their children, as well as promote a global citizen's movement towards social cohesion and equity.

6. The digitization of the MCH Handbook opens up limitless innovations to strengthen maternal, neonatal, child and adolescent health through technological advancement and market opportunities.

7. The MCH Handbook should be developed in partnership with its end-users and related stakeholders.

8. The MCH Handbook promotes social inclusion of the poor and the marginalized, including people with disabilities, refugees, migrants and ethnic minorities.

9. The MCH Handbook should meet the emerging demands from those with specific needs, such as low-birth weight babies, children with development disorders, and those affected by public health emergencies and disasters.

10. The sustainability of the MCH Handbook program demands country ownership with political commitment, financial investment and technological support from both governments and development partners under mutual and regional cooperation and monolithic solidarity. This is high time to advocate more commitment from global partners, UN agencies, International Banks and other stakeholders in order to consolidate the use of the MCH Handbook as a global standard tool and promote further country implementation.

11. The MCH Handbook plays pivotal roles, and has an enormous potential to empower people to respond to wider and complicated issues in our society today to ensure a healthy, happy and prosperous world in the future.

The Tokyo Declaration offers a vision and focus for the innovative, equitable and sustainable development of maternal, neonatal, child and adolescent health in the SDGs era. It reflects the firm commitment of participants in the conference to draw upon the widest possible range of resources to promote the MCH Handbook for our world and for future generations.

We are one, bound with the ideals of the MCH Handbook, and committed to ensuring that in future "No Woman, Child, Family, or Society Will Be Left Behind".

Tokyo, Japan

25th November 2016

[母子健康手帳]