• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 母子健康手帳

母子健康手帳
活動や、母子健康手帳に関連した国内外の情報をご紹介します。

和田智代さんが母子手帳の講義をしました 活動ニュース母子健康手帳

2018年11月14日(水)に、HANDSのプログラム・アドバイザーである、和田智代さんが海外からの研修員に対して、母子手帳に関する講義をしました。

【本日のお仕事~日本と世界の母子手帳~】

今日は国際協力NPOの
HANDSのお仕事で

...

某国際協力機関にて
『日本と世界の母子手帳』の
講義をさせていただきました(^^)/

今回の研修員は
ドミニカ、パラグァイ
ホンジュラス、ニカラグア
グァテマラなどの

中南米諸国で
保健行政に携わる皆さん

母子手帳は
日本では最近
批判されたりすることもあるけど

海外での評価は
意外に高かったりするのです()

母子手帳が海外で評価されるポイントは
母子手帳の『オール・イン・ワン』機能

経済的に厳しい状況にある国では
保健医療のサービスが
行き届かない所が多くて

だから
妊娠出産や子育ての正しい情報も
なかなか入手できない。
本など買うお金もない。

電気や水道がない地域も
今でもたくさんある。

だから
公的な機関で無料配布される資料が
とても貴重なんだけれど

公的組織では
縦割り行政の弊害で

・妊婦検診記録カード
・妊娠中の注意事項記載パンフレット
・予防接種記録&成長記録カード
・子どもの健康や栄養に関するパンフレット
・家族計画のパンフレット
・感染症予防のパンフレット

などのいくつものツールが
担当している省庁や部局ごとに
バラバラに発行されていることが
多いのです。

そのために
ただでさえ厳しい予算状況なのに
トータルでの印刷費はかさみ
配布のコストもかかり
せっかく配布しても
ユーザーが紛失してしまうことが多い。

また「妊婦検診カード」なんかは
「出産後はもう必要ないね~」
ということで
捨てられてしまうこともあって
妊娠~産後の継続ケアがちゃんとできない・・・
などの問題もありと

私たちから見たら信じられないことが
フツーに起こっているのです。

だから
妊娠~5歳までの情報と記録が
すべて一つにまとまっている
『母子手帳』は

彼らから見るとすごく
『ユーザー・フレンドリー』で
『費用対効果が高いツール』として
高く評価されてます(^.^)

本日午前中は
母子手帳の歴史や
色々な国で作成された母子手帳を
見比べながら
それぞれの長所や短所を
楽しくディスカッション

午後は
母子手帳プログラム導入の
メリットやデメリットを
熱くディスカッション

あまり知られていませんが
世界の母子手帳を紹介した
以下のようなサイトも存在します。
http://www.mchhandbook.com/

Wada2018_1.jpg Wada_2018_2.jpg Wada2018_3.jpg

母子手帳70周年記念シンポジウムが開催されました 活動ニュース母子健康手帳

母子手帳が日本で使われ始めて70年が経ちました。それを記念して「母子手帳70周年記念シンポジウム」が、2018年11月13日(火)に開催され、HANDSも後援しました。

【趣旨】

世界に先駆けて、母と子の健診記録や健康教育が一冊にまとまった母子手帳が配布されたのは1948年(昭和23年)でした。終戦直後の貧困と物資不足の時期に、母と子のいのちを守り、食糧配給の記録としても活用された母子手帳。いまでは世界40以上の国や地域に広がり、「だれひとり取り残さない」持続可能な開発目標(SDGs)をめざした活動に貢献しています。

70年前に母子手帳を開発した先達の先駆性に改めて敬意を表するとともに、世界の次世代のために、いま私たちは何をすべきなのか、未来志向の議論を期待しています。

RIMG0183.jpg RIMG0191.jpg

母子手帳70周年記念シンポジウムの概要と参加申し込みのお知らせ(11月13日) 活動ニュースイベント母子健康手帳

母子手帳70周年記念シンポジウムポスター.png

詳しいプログラムと懇親会の案内は、こちら。 70th_Sympo.pdf

参加のお申し込みは、こちら。 https://goo.gl/forms/fFoI4MmVVSv78HbI2

第11回母子手帳国際会議の詳細をお知らせします 活動ニュースイベント母子健康手帳

2018年12月12日から14日にかけて開催される、第11回母子手帳国際会議のアジェンダは、以下を参照ください。

AgendaMCHHandbook11th.pdf

また、会議への参加登録とホテルの予約については、以下を参照ください。

ThaiMCHHRegistrationForm2018.doc

ThaiMCHHHotelReservationForm2018.doc

第11回母子手帳国際会議がタイ王国にて開催されます(12月12日-14日) 活動ニュースイベント母子健康手帳

11thMCHhandbookconfference.png

2018年12月12日-14日まで、タイのバンコクで第11回母子手帳国際会議を行います。12日は現場視察で、13日と14日が会議です。メインテーマは「持続可能な開発目標(SDGs)をめざす人生最初の1000日間の奇跡:家庭にある道具としての母子手帳」です。1998年から始まった母子手帳国際会議も第11回を迎えます。
第11回開催国のタイでは、1980年代に独自のタイ版母子手帳を作成し、今では多言語版の母子手帳を開発してきました。第11回母子手帳国際会議は、タイ保健省と国際母子手帳委員会の共催で開催します。タイ各地から保健医療専門職が参加し、アジア、アフリカ、欧州など世界各国からの参加が見込まれています。情報交換・相互交流とともに、ユニバーサル・ヘルス・カバレージ(UHC)の実現に寄与すべく活発な議論も行われます。申し込み受け付けが、10月末ですので、ご参加ご希望、あるいはご関心のある方は、mchh11@hands.or.jp までお知らせください。

HANDSは、第11回母子手帳国際会議を後援しています。

SDGsの新著にHANDSと母子健康手帳が掲載! 活動ニュースイベント母子健康手帳

book_cover_DSC_0581.JPGこの度、『未来を変える目標 SDGsアイデアブック(編著:一般社団法人Think the Earth)』が発売されました。この本はSDGs(持続可能な開発目標)について子どもから大人まで楽しく学べる本です。SDGsの目標3は「すべての人に健康と福祉を」です。

母子手帳フォーラム ~No One Left Behind~ 終了したイベント母子健康手帳

★本フォーラムは定員に達しましたため申込受付を終了いたしました。当日受付はありませんのでご了承ください★

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(持続可能な開発目標:SDGs)で大きく取り上げられた "No One Left Behind"(だれひとり取り残さない)。 それを受けて2016年11月に第10回母子手帳国際会議の東京宣言で世界に呼びかけた 「Utilizing the MCH Handbook to achieve "No Woman, Child, Family, Society Left Behind"」という課題を、 日本で具体的に実行するために、それぞれの立場からこれからの母子健康手帳について意見や経験を語り合いたいと 考えています。

そこで、この第1回の母子手帳フォーラムでは、まずデジタル母子手帳や低出生体重や課題のある赤ちゃんのための 母子手帳サブブックの開発に関する協力が発展し、新しい発想が生まれることを期待しています。

JP20161124-1636.jpgイメージ写真(国際母子手帳委員会)

▼イベント詳細▼

第10回母子手帳国際会議 東京宣言 活動ニュース母子健康手帳

2016年11月23日から25日、第10回母子手帳国際会議が東京で開催されました。 会議では、世界38の国と地域から集まった次世代のリーダーたちが一堂に会し、母子健康手帳が、「女性、子ども、家族、そして社会の誰もが取り残されない世界」を実現するための、必須かつ効果的な医療サービス提供の標準的の手法であることを確認しました。

「だれひとり取り残さない」という掛け声は、2015年9月の国連総会にて採択されました「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」における倫理的規範です。 私たちは、2030年までに貧困を終焉させ、地球を守り、繁栄を促進するという目標を達成するため、いまこそ国際連帯のもと努力することが求められています。

また、2016年8月に開催された第6回アフリカ開発会議で採択されたナイロビ宣言において、「質の高い生活のための強靭な保健システム促進」が3つの重要テーマの一つとして強調されたことを歓迎します。

母子健康手帳は、母親を通して家族によって管理することができるようにデザインされており、妊娠・出産から子どもの健康まで含めた、記入版・電子版の双方で医療記録がやり取りされる包括的なツールです。 日本では1948年に最初に導入されてから70年が経ちました。母親、新生児、子どもそして青少年に対して切れ目のないケアを提供する母子健康手帳は、すでに世界39の国と地域に広がり、必要不可欠なものとして利用されています。 このユニークな取り組みは、人々を中心に据えたアプローチ(people-centered approach)の概念を具現化するものとして、また、これまで日本政府が2016年5月のG7伊勢志摩サミットをはじめ重要な国際会議で強調してきた人間の安全保障の概念そのものです。

今回の会合は、2015年9月にカメルーンで開催された第9回母子健康手帳国際会議で採択されたヤウンデ宣言を受け、母子健康手帳の効果的な開発と実施に関する各国での学びを共有し、母子健康手帳の意義と効果を検証し、21世紀におけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成を推進するための戦略を話し合う貴重な機会となりました。

最後に、第10回母子健康手帳国際会議のすべての参加者は以下の提言を満場一致で採択しました。

世界の母子手帳が紹介されます 活動ニュース母子健康手帳

以下の番組で、世界の母子手帳が紹介されます。

●2017年1月17日(火)NHK「あさイチ」(8:15-9:54)
 9:00前後に、去年の6月に同じくNHKで放映されたベトナムの母子手帳取材の
 映像が再度紹介されるそうです。
 HANDSからは、世界の母子手帳に関する情報提供と、スタジオで出演者の皆さんに
 手に取って見ていただくように母子手帳の貸し出しでご協力しました。

●2017年1月23日(月)テレビ東京「未来世紀ジパング」(22:00~)
 http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/next/#section1
 テーマは「日本の医療が世界を救う!」
一部にて、JICAが実施していたベトナムの母子手帳普及支援事業が取り上げられます。
 HANDSには、「日本の最初の母子手帳」そして「最新の母子手帳」が無いかと問い合わせがあり、
 手配協力しました。

「第10回母子手帳国際会議」開催報告 活動ニュース母子健康手帳

2016年11月23日―25日に、「第10回母子手帳国際会議」(International Conference on MCH Handbook)を 国連大学ウ・タント国際会議場(11月23日)およびJICA市ヶ谷(24日・25日)で開催しました。

主催は国際母子手帳委員会(委員長:中村安秀)と大阪大学大学院人間科学研究科、 共催として、独立行政法人国際協力機構(JICA)、ユニセフ東京事務所、国連人口基金(UNFPA)東京事務所、 そして認定NPO法人HANDS。
多くの学術機関団体・民間企業・個人から、後援・協賛・寄付をいただきました。心から感謝いたします。

世界38の国と地域から約400名が参加する大きな会議となり、母子手帳を通じた母子の健康改善をめざす 世界的なネットワークの構築に大きく貢献することができたと言えます。

JP20161124-1841.JPG