• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 「農×栄養」の研修とは?
活動ニュースケニア

「農×栄養」の研修とは?

こんにちは!ケニア事業を担当しています、小林です。

昨年は、日本をベースに、主に東北事業ケニア事業を担当していましたが、3月からケニアに赴任になりました。

1日1単語、スワヒリ語を覚えていこうと思います!

「Agrinutrition」という言葉を聞いたことはありますか?

「Agriculture(農業)」と「Nutrition(栄養)」を組み合わせた用語で、主流ではありませんが、日本語では「農業栄養学」とも言われています。

先日、保健ボランティア向けに、栄養改善と家庭菜園の推進を目指し、研修を実施しました。

研修の講師は、USAIDが開発したプログラムを元に、農業省スタッフと栄養士インターンの方々に担当してもらいました。

初日、2日目、3日目の午前の研修内容は・・・

・応用栄養学/健康的な食事のメリット

・栄養の基本的原則

・栄養障害

・家庭の食事と栄養

・母子と幼児の栄養

・衛生的な食事の準備と料理法

これらをレクチャーで学び、グループワークで理解を深めました。

座学が続いてしまうとどうしても飽きてしまいます・・・なので、3日目の午後は、調理実習です!

もうケニアは雨季ですが、午後は快晴だったので、外に出て演習開始です。

▼料理の前にはきちんと手を洗います~▼

153.JPG

▼みんなで分担しながら楽しく学びます▼

152.JPG

▼待ちに待った試食タイム!給食スタイルで配膳します▼

175.JPG

▼アフリカンスタイル・栄養抜群メニューが出来上がりました!おいしかったです~▼

172.JPG

調理実習では、野菜にあった調理法や保存法などを学び、最後に皆で試食をしました。

ほとんど調味料は使いませんでしたが、野菜のそのままの甘さが引き立ち、とてもおいしかったです!

ケリチョーで収穫できる野菜で、普段料理に使う野菜や果物の種類、調理法のバリエーション、保存法などを工夫すること等を学ぶことができました。

私たちの活動地は、以前は多くの種類の野菜を作っていたそうですが、現在はさとうきび畑が広がっています。

住民の人に、「これはcash cropなんだよ」と言われ、私は「?」と考えてしまいました。

Cash crop=換金作物、これはお金になる作物なんだよと言っていたのです。

この地域では、大きな砂糖工場を始め、いくつかの砂糖工場で、サトウキビを買い取っています。

しかし、当初地元の人々が思っていたほどの収入にはなっていないようです

また、ケリチョー郡の栄養士も、最近は市場で見かける野菜の種類が減ってしまった、と住民の栄養状況に与える影響を懸念しています。

そのため、今回、講師をしてもらった農業省職員によるファシリテーションは、栄養教育においてさらに多くのアプローチの可能性があることを感じることができました。

▼研修と同日に、研修会場の前の小学校でも菜園を耕していました。マンゴーや野菜を植えるそうです。研修を受けた保健ボランティア達も学校側にたくさんのアドバイスをする予定です。▼

070.JPG

今回の研修を通して、保健ボランティアの皆さんが、コミュニティの人たちにどんなアクションを起こしてくれるか、楽しみです!

(ケニア事業担当:小林)

[ケニア]