• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > ケニアの子どもたちの絵心はいかに???
活動ニュースケニア

ケニアの子どもたちの絵心はいかに???

皆さま、こんにちは。

先週、ニャリルブッチ村で出張診療を実施しました。
ニャリルブッチ村の人々は、一番近くの医療施設まで行くには
2時間以上歩かなければなりません。
実はニャリルブッチ村に施設が無いわけではないのです。

村の人たちは、自分たちで資金を提供してくれるドナーを探し、
村に建物を建てたのですが、保健省から医療従事者が配属されておらず、
その建物はずっとつかわれていませんでした。

そのため、HANDSケニアでは、看護師やインターン生とともに、
村人たちが苦労して建てた建物を利用して、月に一回、
モバイルクリニック活動を無料で実施しています。

今回は、67名が診察にいらっしゃいました。

▲診察を待つお母さんと子どもたち


2月からは、HANDSケニアが雇用した看護師が、常駐でこの施設に配属されることになり、
村の人々はいつでも診察を受けることができるようになります!

▲新しくHANDSケニアのスタッフになった看護師のジャッキー(右)


さて、今回の活動の合間に、子どもたちに絵を描いてもらいました。
これは、保健ボランティアが健康啓発活動を行う際に使う、教材のための画像素材を
子どもたちに描いてもらおうというアイディアがあり、その可能性を探るためのものでした。

下の2枚の絵は小学校低学年くらいの子どもが描いたものです。

皆さま、ケニアの子どもたちの絵心をどう思われますか?
わたしは、啓発活動の教材作りに十分活用できると期待が持てました。
ちなみに、現在ケニアの公立小学校や中学校では図画工作の科目はないそうです。

こちらの絵は、HANDSケニアの事務員、デボラさんが描いた絵です。
彼女はとても味のある絵を描きます。私は彼女の絵が大好きです。

サルに「Hello, brother」を言われているのは、同僚のジョセファット君だそうです。

本人も絵を見てすぐにそれが自分だとわかり大笑いしていました。
スタッフみんな活動で疲れきっていましたが、この絵のおかげで、
その場が明るくほっこりした雰囲気になりました。

(ケニア事業担当 清水)

[ケニア]