• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース

最新ニュース

2021.09.10
リリース「世界食料デー月間2021」の賛同団体に加わりました
2021.09.10
リリース森元泰行さん(HANDS新テクニカルアドバイザー)のご紹介
2021.09.10
リリース西原三佳さん(HANDS新理事)のご紹介
2021.09.02
活動ニュースリリース新しく、会員・寄付をお願いするチラシを作成しました。
2021.09.01
活動ニュースシエラレオネシエラレオネから活動の様子が届きました!
2021.08.30
活動ニュースリリース母子健康手帳リトルベビーハンドブックのHPを公開しました
2021.08.30
活動ニュースリリース母子健康手帳中村安秀著「海をわたった母子手帳」が出版されました!
2021.08.26
活動ニュースシエラレオネシエラレオネから学校菜園の様子が届きました。
2021.08.17
活動ニュースイベント母子健康手帳母子手帳国際ウェビナー第3回のご案内(9月23日)
2021.08.05
活動ニュースリリースすこやか寄付にご協力をお願いします!
2021.08.03
活動ニュースケニア活動報告(9)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.07.16
活動ニュース母子健康手帳京都府版 リトルベビーハンドブック作成表明
2021.07.07
活動ニュースイベント2021年度会員総会を9月26日(日)16時から開催します。
2021.06.21
活動ニュースリリースシエラレオネシエラレオネのFBページを開設しました!
2021.06.17
活動ニュースケニア活動報告(8)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.06.15
活動ニュースケニア活動報告(7)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.06.14
活動ニュースイベント6月26日JICAキャリア形成セミナーのご案内(講師:HANDS風間プログラム・オフィサー)
2021.06.10
活動ニュース母子健康手帳国際母子手帳会議 第2回WEBINERが開催されました。
2021.06.03
活動ニュースケニア活動報告(6)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.05.26
活動ニュースホームページ(トップページ)の写真が新しくなりました!!

ミャンマーのクーデターに関して、市民団体から日本政府へ要請書を提出しました 活動ニュース

ミャンマーで2月1日に国軍によるクーデターが発生してから2カ月以上が経過しました。日本の市民団体は、NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワークとNPO法人メコン・ウォッチを呼びかけ団体(HANDSは賛同団体)として、財務省、外務省などに対して要請書「日本の対ミャンマー公的資金における国軍ビジネスとの関連を早急に調査し、クーデターを起こした国軍の資金源を断つよう求めます」を提出しました。

よろしければ要請書の内容をご覧ください。 ⇒ ⇒  要請書.pdf

ひろしまリトルベビーハンドブックのご紹介 活動ニュース母子健康手帳

HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)から「ひろしまリトルベビーハンドブック」についてご紹介いただきましたので、是非、ご覧ください。

***************************

2021年4月から配布が開始されました「ひろしまリトルベビーハンドブック」のURLをご紹介させていただきます。下記にアクセスしていただきますと全部のページや対象者・配布方法に関する情報をご覧いただけます。関係の皆様に共有をしていただければありがたいです。

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/248/little-baby-handbook.html

また妊娠・子育て情報を熱心にオンライン発信されているベビカムが、オンラインニュースでリトルベビーハンドブックのことをお取り上げくださいました。こういうニュースが世の中の多くの方の目に触れるようになれば、小さなあかちゃんをお持ちのご家族への社会の理解も深まるかと思います。

https://www.babycome.ne.jp/news/id/childcare-1171/

168315810_2862206404053283_6136308602366004053_n.jpg

活動報告(1)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(1)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(1)

3月24日、Niko Nikoプロジェクトは生まれ変わりました。

2月、残念ながら原知里さんが予期しなかった事情により突然プロジェクトに参加できなくなりましたが、HANDSとボニス達とでプロジェクト目標に向かって歩み始めます。皆さんどうぞ見守ってください。

この通り、ボニスもカロラインもエミリーも元気です(写真1)。写真1彼女たちが持っている白い紙に注目してください。

中央のボニスと向かって右のカロラインが持っているカードはキプシギス語。ボニスが手を添えエミリーが持っているのはスワヒリ語。どちらも「ご支援ありがとう!」という意味です。

写真2,青いドアの向こうから笑顔をのぞかせているのは、以前からNiko Nikoプロジェクトを知るHANDSの元職員エマニュエルです。プロジェクトのコーディネーターを務めることになりました。写真2

今後の予定:ボニスの縫製技術個人指導計画を開始、ビジネス研修第一日目、アパレルブランド RAHA KENYA (ラハケニア)さんのナイロビ縫製現場見学。(HANDSケニア)

Eテレ(NHK)で「まいにちスクスク もっと知りたい!母子健康手帳」が放映されます。 活動ニュース母子健康手帳

HANDS中村安秀顧問(シニアテクニカルアドバイザー、大阪大学名誉教授)が監修、出演しているEテレ(NHK)子育て情報番組「まいにちスクスク」が、下記日時で放映予定です。番組の制作にはHANDSも協力していますので、是非、ご覧ください。

******************************************

「まいにちスクスク もっと知りたい!母子健康手帳」

1 母子健康手帳のキホン   2021年 3月29日(月)10:55~11:00 Eテレ

※3月29日の放映は、高校野球および国会中継の影響で、月曜深夜(午前1:35~1:40)になる可能性があります。

2 母子健康手帳を活用しよう      3月30日(火)10:55~11:00 Eテレ

3 これからの母子健康手帳       3月31日(水)10:55~11:00 Eテレ

4 父子手帳ってどんなもの?       4月1日(木)10:55~11:00 Eテレ

各回再放送  4月5日(月)~8日(木) 19:55~20:00 Eテレ

看護師、医療従事者向けWebメディアでHANDSが紹介されました。 活動ニュース

看護師、医療従事者向けのWebメディア『ナースときどき女子』において、HANDSの活動を紹介していただきました。

『人々が安心かつ健やかに生きるために、休養や保健医療のサポートをしている法人』として、「一般社団法人日本リカバリー協」「日本ナルコレプシー協会」とともに紹介されていますので、是非、ご覧ください。

【タイトル】人々が安心かつ健やかに生きるために、休養や保健医療のサポートをしている法人
【記事URL】https://kango-oshigoto.jp/media/article/3369/

Youtube番組「NGO世界を見つめて vol.3」でHANDSの活動を紹介しています(前編を公開しました)。 活動ニュース

NPO法人Dialogue for people(D4P)と、認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)は共催で毎回、日本のNPOやNGOで働いている人をゲストに招いてトーク番組「NGO世界をみつめて」を開催しています。そして第3回の番組に横田代表理事がゲストとして出演し、HANDSの活動を紹介していますので、是非、ご覧ください。

⇒⇒⇒  https://youtu.be/ObwPZ8vj__E

多くの方にご覧いただきたいので、拡散のご協力もお願いします。

また後編は約2週間後に公開予定ですので、よろしくお願いいたします。

20210319_174820.jpg20210322_163854.jpg

「ケリチョー郡ECDEセンターを中心としたコミュニティによる幼児の栄養改善事業(第3年次)」の贈与契約署名式が行われました 活動ニュースケニア

2021年3月5日に、在ケニア日本国大使館において「ケリチョー郡ECDEセンターを中心としたコミュニティによる幼児の栄養改善事業(第3年次)」の贈与契約署名式が行われました。下記は在ケニア日本国大使館のホームページで紹介された記事ですので、ご覧ください。(https://www.ke.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00228.html

***************************************

令和2年度日本NGO連携無償資金協力「ケリチョー郡ECDEセンターを中心としたコミュニティによる幼児の栄養改善事業(第3年次)」に係る贈与契約署名式

2021/3/5
2021年3月5日、北川臨時代理大使は、(特活)HANDS、北島慶子プロジェクト・マネージャーとの間で令和2年度日本NGO連携無償資金協力「ケリチョー郡ECDEセンターを中心としたコミュニティによる幼児の栄養改善事業(第3年次)」(供与額:5,500万円)に関する贈与契約書への署名を行いました。

ケニア西部ケリチョー郡における5歳未満児の栄養指標は、慢性的な栄養不足に起因する発育阻害が28.7%(国内平均:26%)、急性の消耗症が6.6%(国内平均:4%)です。また、同郡の保健局では、幼児に義務付けられている最後の予防接種(生後18か月)から未就学教育 (ECDE: Early Childhood Development and Education)を受けるようになる4歳までの幼児の健康状態に対する積極的介入不足が懸案となっています。

本事業はケリチョー郡の就学前の4~5歳児が通うECDEセンター31校において、水・衛生関連施設や台所の建設、教員及びコミュニティ・ヘルス・ボランティア(CHV: Community Health Volunteer)を対象とした学校菜園づくりや食事、衛生、幼児の成長モニタリングに関するキャパシティ・ビルディングなど、幼児の栄養不良を発見・改善するための環境整備を通して幼児の健康状態の改善に寄与するものです。
100154712.png

NPO法人国際子ども権利センターのブログでHANDSを紹介しました 活動ニュース

横田代表理事が活動のサポートを行っているNPO法人国際子ども権利センター(C-Rights)からインタビューを受け、HANDSの取り組みや考え方、さらには子どもの権利などについて話しをしましたので、ご紹介いたします。

2021年2月11日

【シーライツのボランティア紹介】世界の保健医療の仕組みづくり、人づくりに取り組むHANDS代表理事 横田雅史さん | 認定NPO法人 国際子ども権利センター(C-Rights/シーライツ) (c-rights.org)

2021年2月12日

【シーライツのボランティア紹介】HANDSの取り組み紹介と代表理事横田さんと国際協力 | 認定NPO法人 国際子ども権利センター(C-Rights/シーライツ) (c-rights.org)

ナイジェリアで母子健康手帳導入に向けた講習会が開催されました 活動ニュース母子健康手帳

HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)が、ナイジェリアの保健省より講習会の講師として招待され、2月18日から3日間オンラインで参加されました。そして板東さんより講習会の様子を連絡していただきましたので、ご報告させていただきます。なお、ナイジェリアはアフリカで経済規模および人口が最大で「アフリカの巨人」と呼ばれている大国です。

********************************

(講習会1日目について)

アフリカのナイジェリアで、保健省が今度母子健康手帳の導入を考えておられるので、そのとっかかりとして18日から3日間の講習会をされています。そこにご招待していただいて母子健康手帳とはなんぞや!というお話もさせていただきました。ナイジェリアも新型コロナがありますから、対面の参加者の皆様はマスクをして前を向きスペースを空けて座っておられます。私の他にオンラインで参加されている方もたくさんおられました。現地の皆様の発表を伺っていると、気持ちが盛り上がっておられるのがよくわかります。でも自宅からナイジェリアに行こうと思うと、片道2日間はかかるだろうし、飛行機代だけでも30万円前後かかるだろうとおもいます。実際に行けばもっとじっくりお話もできるし、現場の視察などもできるので、行くのにこしたことはないのですが、今の時勢にオンラインでナイジェリアでの講習会に参加できることは本当にありがたいと思います。でも昨夜は、頭がナイジェリアの興奮モードになって、なかなか切り替えが大変でした(笑)8時間の時差がありますから、2日目は今夜です。

(講習会2日目について)

今日は、母子手帳の案が出てきて、4つの分科会に分かれて内容の検討会でした。案といえどかなり練りこまれたもので、かつ参加されている専門家の熱心さに圧倒されるばかり。アフリカで一番人口の多いナイジェリアで全国展開までもっていくのは本当に大変だと思いますが、この熱いお思いがあれば実現されるだろうなあと思います。以下、参加者のお一人から、こんな温かいメールをいただきました。「経験の富を分かち合ってくださってありがとう!」どうやらママと呼ばれていますね。

Good day Ma'am, it was nice having the Secretary general of the MCH handbook with us to give her wealth of experience. Thanks for the presentation. We appreciate you Ma. Please Ma is there a coordinating office here in Nigeria and are there job positions available Look forward to hearing from you.

Best Regards

(講習会3日目について)

昨日、無事に3日目の日程も終わりました。2日目に話題になっていたことを受けて、3点を参考事項としてお伝えしました。1点目は、歯磨きの記載予定の所に、子どもが歯磨きした後に親が仕上げ磨きをしてあげると、しっかり磨けますよという提案を写真付きでしました。画面では虫歯になると大変!としかめ面をして話しています。おそらく歯医者さんはとても少ないでしょうし、仕上げ磨きはお金もかからないし、数分で終わるし、親子の触れ合いもできる、乳歯管理をきちんとすると永久歯管理にもつながり、それは健康長寿につながりますよ、ということを参考事項としておつたえしました。2点目は、栄養失調にならないように、離乳食の知識提供の部分をほかの国の母子手帳ではイラストを入れてわかりやすく作っていますという写真での事例紹介をしました。3点目は、低出生時のケアのページも予定されていたので、体重のグラフに点を打つときに、実際に生まれた日時でつけるといつも%タイルより下がるので、保護者はつらくなるから修正月齢で書いた方が良いと示してあげた方が良いと思うが、検討してくださいとつたえました。実際に採用されるかどうかはわかりませんが、採用されてもされなくても、検討の結果として尊重させていただきます。最後の記念撮影、オンラインの参加者もいれてくださいました。次は、母子手帳の案ができたらおくるのでまた見てくださいとの連絡がきました。8時間時差の3日間オンライン会議でしたが、ナイジェリアの皆様が、熱心に母子手帳を作りたいと思っておられるお気持ちがひしひしと伝わってきて、私もたくさん勉強させていただきました。このチャンスをいただき、本当にありがたいことです。

(研修日程表) Agenda MCH HB Workshop.pdf

IMG_4262.jpg

IMG_4261.jpg

シエラレオネ 「2020年9月から12月にかけての活動」 活動ニュースシエラレオネ

前回「シエラレオネ2020年6月~8月にかけての活動」を掲載させて頂きましたので、それに引き続き「2020年9月~12月」までの活動報告をさせて頂きたいと思います。

<9月活動のハイライト>

外部講師であるモハメッドさんがブルキナファソから参加し、現地協力NGO Community Action for the Welfare of Children (CAWeC)と共に、10ヶ所全てのモリンガ・スクール・ガーデン・プロジェクト実施対象の小学校を訪れ、その後の進捗をモニタリングしました。2020年9月28日と29日の2日間に渡って、教師、学校運営委員会のメンバーそして料理担当の女性たちが参加し、モハメッドさんとCAWeCプロジェクト担当者が、モリンガの葉から粉末を製造するトレーニングを実施しました。新型コロナウィルス感染予防策として公的な場での多人数の集会を避けるため、各学校につき10人の参加に制限して行いました。

下の写真は、2020年4月から新たに始めた小学校で、CAWeC担当者がモリンガの説明を行い、葉から製造されたモリンガ粉末です。この粉末を学校給食に入れて、週2回、児童に提供しています。

~カマランカ小学校で作ったモリンガ粉末~

カマランカ小学校で作ったモリンガ粉末.jpg

カマランカ小学校で作ったモリンガ粉末2.jpg

<10月の活動のハイライト>

シエラレオネでは、学校関係者の監視下においてCOVID19の感染予防措置を取ることを前提として、2020年10月5日に小学校が再開されました。

~バプテストモデル小学校におけるモリンガ野菜菜園~

バプテストモデル小学校におけるモリンガ野菜菜園.jpg

<11月の活動のハイライト>

プロジェクト実施学校でのモリンガ野菜菜園で収穫された野菜

モリンガ粉末に加えて収穫された野菜は、学校給食の栄養を補うために使われ、そして余剰分の一部野菜は地元の市場で販売されています。たくさんのトウガラシが収穫できましたので、乾かし保存もしました。

・衛生習慣

衛生活動はプロジェクト実施校で行われています。各学年の児童で構成される学校保健クラブは、衛生面での活動を積極的に行っています。例えば、モリンガの種は汚い水を浄化する作用がありますので、その作用を活用して手洗いの水に使っています。食事の前後、トイレの後、料理の前の手洗いなど、モリンガの種で浄化された水で、児童たち、調理する女性、そして教師たちも徹底して手洗いを行っています。

・野菜の売り上げ

野菜の売上金は、学校給食の他食材の購入、椅子や黒板などの備品、そして小学校の修理修繕に活用されています。

~カマランカ小学校でのトウガラシの保存と、手洗いの様子~

唐辛子の保存.png
手洗いの様子.jpg

<12月の活動のハイライト>

10ヶ所全ての小学校に、地域住民たちで構成されたモリンガ・スクールガーデン運営委員会(Moringa School Garden Committee:MSGC)が設立されました。そして、CAWeCのスタッフとMSGCのメンバーによって、毎月モリンガについて話し合い学びあう場が開催されています。学校間で経験を共有し、児童たちも参加して学びます。12月は、「どのようにモリンガと野菜菜園を向上させられるか?」について話し合いました。モリンガ・スクール・ガーデンプロジェクトは、学校と地域の住民たちとの結びつきを強くし、栄養と衛生習慣を共に考えるという点においても効果を発しているようです。

~アマディア小学校でのMSGCとの会議~

アマディア小学校でのMSGCとの会議.jpg

<課題>

・野菜の売上金が少ないこと。

・雨量が多く、モリンガの成長を遅らせたこと。

・害虫、そしてヤギや羊などの家畜により、3か所の小学校でモリンガと野菜に被害を受けたこと。

・協力してくれた地域住民へのお礼が、なかなかできないこと。

« 前の10件へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11