• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース

12/14 ケニア・ヘルス勉強会(仮称)キックオフ会合 これから開催されるイベント

HANDSはケニア共和国ケリチョー県において、長期にわたり、20151214_01.jpg
母子保健や地域保健にわたる協力を行ってきました。

ケニアはアフリカの中で、経済発展が進んでいる国です。しかし都市部と地方との差は大きく、農村部ではいまだにトイレが無い家や安全な水を日常的に得られない人たちも多く、下痢や栄養不良によって亡くなる赤ちゃん、特にお産で命を落とす女性もまだ多い現状です。

来年2016年、日本がサポートするアフリカ開発会議(TICAD 6)で初のアフリカ開催ホスト国になり、また日本からの円借款を受け「UHC(ユニバーサルヘルスカバレッジ)=誰も取り残さず保健医療サービスにアクセスができる仕組みづくり」の実現をめざすなど、日本との関係性がより密接になっている、ケニア。

そこで、実践者・実務者,NGO/NPO,研究者、企業の方々とともに、ケニアに関する学びを得て、学際的・多角的な視点から意見交換ができる勉強会を企画しました。

ケニアで活動されている方はもちろん、ケニアに関心のある方、
あるいはこれからケニアに行きたいという方の参加も大歓迎です。
いろんな立場の方が集い、自由闊達な意見交換の場となれば幸いです。

カンガ布グッズを売って、つくっての週末 終了したイベント

この週末は、ボランティアさんたちの力添えをいただき、恒例の「カンガでグッズをつくる会」と、過去の会で作ってきたグッズ販売をしてきました。

11/14(土)は、「文京総合福祉センター祭り」にて出展。カンガ布グッズと、ケニアの活動紹介を行いました。あいにくの曇天→雨というお天気でしたが、今年4月にできたばかりのセンターは、高齢者と障害を持つ方、そして子育て世代が集うオープンスペースということで、当日も老若男女がたくさん訪れました。

IMG_5405_sm.jpg

11/15 アフリカ布・カンガでグッズをつくる会 #5 これから開催されるイベント

服飾のプロと一緒に、東アフリカのカラフルな布でグッズをつくるボランティアワークをしていただきます。
つくっていただいた様々なグッズは、イベントなどで販売し、その売上はアフリカ・ケニアでの「人びとの健康を守る人づくり」の活動の資金といたします。(ご希望があれば、お買い取りも相談に応じます)

●カンガとは?

東アフリカの女性の生活にかかせないカンガ。自然をモチーフとしたものが多い色鮮やかな一枚布です。現地では、巻きスカートや赤ちゃんのおくるみ、テーブルクロスなど、さまざまな使い方をされています。

IMG_5154_sm.jpg

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成のためにできること 活動ニュースケニア

はじめまして。
新しくケニア事業の国内担当になりました平野です。

ケニアについてはまだ知らないことが多いので、みなさんと一緒にケニアの保健事情やプロジェクトについて理解を深めていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

ケニアを知るための一歩として、外部のセミナーにも参加しています。
国際協力機構(JICA)国際協力専門員・保健分野課題アドバイザーの杉下智彦氏が講師のセミナーでは、ケニアにおける保険制度の現状と課題を学ぶことができました。

変換 ~ P1040072.jpgケニアでは、このようなへき地の住民も公平に医療へアクセスできるようになることをめざしている

8/29 アフリカ布・カンガでグッズをつくる会 #4 これから開催されるイベント

4回目となる、服飾のプロと一緒に、東アフリカのカラフルな布で楽しみながらグッズをつくる会。
ボランティアでつくっていただいた様々なグッズは、10月のイベントで販売し、その売上はアフリカ・ケニアでの「人びとの健康を守る人づくり」の活動の資金といたします。(ご希望があれば、お買い取りも相談に応じます)

●カンガとは?

東アフリカの女性の生活にかかせないカンガ。自然をモチーフとしたものが多い色鮮やかな一枚布です。現地では、巻きスカートや赤ちゃんのおくるみ、テーブルクロスなど、さまざまな使い方をされています。

保健ボランティア研修が開始しました!@ケジリエット地区 活動ニュースケニア

チャムゲ!ケニア事業担当の小林です。

週末は、ケニアにルーツを持つオバマ大統領が、大統領当選後、初のケニア訪問があり、ケニア中が大盛り上がりでした。
もちろん、オバマ大統領の訪問先は首都ナイロビだけで250kmも離れている私たちの事業地・ケリチョーには来ないのですが、皆どこかしら、ソワソワしながら「Obama kuja(=オバマが来るね)」と話しているのがいろんなところから聞こえていました。

今回は、ケジリエット地区の保健ボランティア研修をご紹介します。

変換 ~ 1.jpg集中して講義を受けている保健ボランティアさんの様子

ケリチョーでの世界母乳育児キャンペーン 活動ニュースケニア

毎年8月1日~7日は世界母乳育児週間です。

WHOやユニセフでは、最低でも生後6か月間の「完全母乳育児」が推奨されています。

完全母乳育児とはその名の通り、粉ミルクなどには一切頼らずに完全に母乳のみで子どもを育てていく、という方法です。

完全母乳育児は生涯に渡り、大きな恩恵をもたらすと言われています。またその恩恵はお母さんや赤ちゃんだけではなく、社会、経済に及ぶとのことです。

HANDSのケニア活動地でも毎年このキャンペーンを盛り上げています。

8月のボランティアデー これから開催されるイベント

8月も引き続き、カンガでグッズをつくる会#4(2015/8/29)と、
その先の販売機会である、グローバルフェスタ2015(2015/10/3-4@お台場)に向けての準備活動になります。

【8月のボランティアデー予定】

8月6日(木) 18:30-21:00 ※水曜日(5日)ではありませんのでご注意ください

8月19日(水) 18:30-21:00

いずれも会場は、HANDS事務所です。地図はこちら(山の手ビル2Fです)

東京は、観測史上で記録更新中の連続猛暑日だそうですが、お力貸してくださる方、ぜひお越しください。

●このような方もぜひご参加ください
「誰かの役に立ちたい。」
「NGOってどんなことをしてるのか気になる」
「国際協力に関心がある人と出会いたい。」

Facebookのイベントページで詳細をご覧いただけます

アマゾンでの14年間の活動をふりかえって 活動ニュースブラジル

ブラジルプロジェクト・マネジャーの定森徹です。
多くの皆さまに支えられ、ブラジルのアマゾン奥地、マニコレ市で14年間活動を続けてきましたが、2015年6月をもって、HANDSのブラジル事業は終了します。

皆さまの励ましは大きな力になっていました。
最初の頃をご存じない方もいるかと思いますので、最後に、この14年間の軌跡をご紹介します。

6/24 ケニアプロジェクト・マネジャー一時帰国報告会 「農村部の保健医療事情~誰もが健康な社会をめざした仕組みづくり~」 終了したイベント

20150524_01.jpg

HANDSケニア事業担当の北島慶子です。
ケニアは東アフリカの経済国です。しかし地域や所得の格差が大きく、医療施設や人材の不足もあって、まだ保健医療サービスは誰にでも身近なものではありません。その影響は未だ厳しい妊産婦死亡率や、削減目標を達成できない子どもの死亡率などにも表れています。

« 前の10件へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9