• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース

最新ニュース

2021.09.10
リリース「世界食料デー月間2021」の賛同団体に加わりました
2021.09.10
リリース森元泰行さん(HANDS新テクニカルアドバイザー)のご紹介
2021.09.10
リリース西原三佳さん(HANDS新理事)のご紹介
2021.09.02
活動ニュースリリース新しく、会員・寄付をお願いするチラシを作成しました。
2021.09.01
活動ニュースシエラレオネシエラレオネから活動の様子が届きました!
2021.08.30
活動ニュースリリース母子健康手帳リトルベビーハンドブックのHPを公開しました
2021.08.30
活動ニュースリリース母子健康手帳中村安秀著「海をわたった母子手帳」が出版されました!
2021.08.26
活動ニュースシエラレオネシエラレオネから学校菜園の様子が届きました。
2021.08.17
活動ニュースイベント母子健康手帳母子手帳国際ウェビナー第3回のご案内(9月23日)
2021.08.05
活動ニュースリリースすこやか寄付にご協力をお願いします!
2021.08.03
活動ニュースケニア活動報告(9)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.07.16
活動ニュース母子健康手帳京都府版 リトルベビーハンドブック作成表明
2021.07.07
活動ニュースイベント2021年度会員総会を9月26日(日)16時から開催します。
2021.06.21
活動ニュースリリースシエラレオネシエラレオネのFBページを開設しました!
2021.06.17
活動ニュースケニア活動報告(8)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.06.15
活動ニュースケニア活動報告(7)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.06.14
活動ニュースイベント6月26日JICAキャリア形成セミナーのご案内(講師:HANDS風間プログラム・オフィサー)
2021.06.10
活動ニュース母子健康手帳国際母子手帳会議 第2回WEBINERが開催されました。
2021.06.03
活動ニュースケニア活動報告(6)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.05.26
活動ニュースホームページ(トップページ)の写真が新しくなりました!!

5月22日(土)14時~ 国際ボランティア学会・共話シリーズ 第一回セミナー 「陸前高田:市庁舎も病院も流された!」 活動ニュースイベント東北復興

HANDSが約4年間にわたり行った、岩手県陸前高田市での復興支援活動等について震災から10年経過した現在、元HANDSスタッフを含めて関係者が話をされますので、是非、ご参加ください。

*************************************

東日本大震災が起きてから10年目の年を迎えています。
国際ボランティア学会では、東日本大震災が起きたときにまだ小学生だった学生も
気軽に参加でき、共に話せるような連続セミナーを企画しました。

オンライン共話シリーズ「東日本大震災 支援する人 される人」
第1回は5月22日(土)14:00~16:00 陸前高田がテーマです。

また、国際ボランティア学会の企画ですが、
学会員でなくても、どなたでも参加できます。
入場無料です。
以下の案内を、関心ある方々にお伝えいただけると幸甚です。
何とぞよろしくお願いします。

国際ボランティア学会・共話シリーズ
第一回セミナー 「陸前高田:市庁舎も病院も流された!」

○日時:5月22日(土)14:00~16:00
○参加方法:zoom(申し込み完了後、当日までにzoomのURLを送付致します。)

○登壇者:岩手県立高田病院副院長:大木智春
NPOきらりんきっず:伊藤昌子
元NPO・HANDS:西原三佳
近畿大学:元ユニセフ:安田直史
○企画:中村安秀:日本WHO協会、国際ボランティア学会会長
○ファシリテーター:中村安秀(日本WHO協会)飛田ほのか(名桜大学学生)

〇詳細:http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632136&c=1050&d=90cb
〇参加の申し込みは、以下のフォームに必要事項をご記入ください。
http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632137&c=1050&d=90cb

〇(企画者からのメッセージ)
2011年3月11日、陸前高田市は、市庁舎も県立高田病院も津波の直撃を受けました。
被災前の人口24,246 人に対し 1,757 人(行方不明者を含む)が犠牲になったといわれています
(2014年陸前高田市東日本大震災検証報告書)。
私も含めて多くの国際ボランティアの経験者たちが、いてもたってもいられずに陸前高田に駆けつけました。
そこには、多くの出会いと学びがありました。災害時のボランティア活動とは、
災害がなければお互いに知り合うこともなかったはずの貴重な協働の物語でもありました。
あのとき、何を思ったのですか? そして、いまは、何を感じていますか? 
いまだからこそ、いえることがあれば教えてほしい。
10年前に世界が震撼した大きな地震と津波があったことを共に話しましょう

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

キャピタル1000ロビー (3).JPG

中学校保健体育教科書に母子健康手帳が取り上げられました。 活動ニュース母子健康手帳

大修館書店発行の中学校保健体育科用教科書「最新 中学校保健体育」のSDGs(持続可能な開発目標)のコーナーに、HANDSの協力により「母と子の健康を守る母子健康手帳」が取り上げられましたので、ご紹介します。

20210513_160201 (1).jpg20210513_160124.jpg20210513_160010.jpg

活動報告(5)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(5)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(5)

ご縁があって、長崎市内のユニークな布なぷきんと布おむつ専門店「りぼん」の商品と店内写真が手に入りました。ビジネス研修第4日目。ボニス達3人はそれらを教材にしたマーケティングの授業に臨みました。

顧客が喜ぶものって何だろうか、価値を付けるってどういう事なんだろうか、競争相手に勝つにはどうしたらいいんだろうか・・・。3人にとっては、「作れば売れる」から「作って売る」といった発想の転換を求められることは新しく、写真を見ながら自分たちのビジネスに応用できそうな要素を見つけ出すのはなかなか大変なようでした。今週のレポートには、りぼんの店主さんへの質問と感想を一つずつ考えて書くというのが宿題です。

***「りぼん」を訪問し写真入りの報告書を作成してくださった元HANDSケニアインターンの太田純子さん(長崎大学大学院生)にNiko Nikoプロジェクト一同心からお礼申し上げます。***

今後の予定:ナイロビへの見学旅行計画。縫製技術研修。(HANDSケニア)

活動報告(4)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(4)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(4)

「会社」。これが3人の出した結論です。個人事業でもなく、CBO(Community-based Organization)でもなく、NGO (Non-governmental Organization) でもなく、ボニスとカロラインとエミリーは会社設立を目指すことに決めました。ビジネス研修第2日目の講義の翌週のことです。

ボニスは障がい者として受けられる特別措置が3人で設立する会社にも適用されることを確かめました。

会社設立には、銀行口座開設、政府機関への登録等いくつものステップがあります。会社経営には確定申告や製品の品質保証等の義務があります。Niko Nikoプロジェクトの目標の一つは、彼女たちがいくつかの企業の形態を知ったうえで目標を定めるというものでした。HANDSとしてはかなり不安です。比較的設立の容易なCBOを目標にし、そこから会社として成長していくのがボニス達にとっては相応しいのではないか、と密かに思っていたからです。

HANDSとしては、彼女たちが郡福祉課の提供する起業に向けたサービスを活用しながら会社設立にむけた努力を見守る一方で、調達や製造、販売やマーケティング、そして組織運営の力を伸ばしていけるよう、基礎的な知識や技能を習得する機会をできるだけ提供していきます。

縫製技術研修第1日目;調達の授業

今後の予定:ミシンの購入計画。エルドレットにある縫製工場見学の計画。ビジネス基礎研修と縫製技術研修(継続)。(HANDSケニア)

あいちリトルベビーハンドブックのご紹介 活動ニュース母子健康手帳

HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)から「あいちリトルベビーハンドブックの運用開始」についてご紹介いただきましたので、是非、ご覧ください。

***************************

2021年度から運用開始されるリトルベビーハンドブック、先日ご紹介した「ひろしまリトルベビーハンドブック」に続き「あいちリトルベビーハンドブック」が運用開始されました。名古屋市民の方は、2019年から運用開始されている「なごやリトルベビ-ハンドブック」が受け取れます。

これで、岐阜県・愛知県・静岡県と東海の3県がつながりました。

内容の全ページや配布場所などの情報は愛知県庁よりお送りいただきました下記の資料でご覧いただけます。

記者発表資料

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/aichi-littlebaby01.html

あいちリトルベビーハンドブックの交付

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/aichi-littlebaby.html

340204_1370790_img.jpg

台東ボランティアセンター情報誌に「活動団体パネル展」が紹介されました 活動ニュース

東京都台東区にある台東ボランティア・地域活動サポートセンター情報誌で、HANDSも参加した「活動団体パネル展」開催の様子が紹介されました。またパネル展の来場者インタビューでは、今年2月までHANDS事務局スタッフであった中川エステルさんのインタビューの様子も掲載されていますので、こちらも是非、ご覧ください。

情報誌の記事はこちらです。 ⇒ ⇒ ・台東ボランティア・地域活動サポートセンター情報誌「わっしょい」.pdf

中川エステルさん.jpg

シエラレオネ「2021年1月、2月活動報告」:農村で育む、子供たちの自立・持続時可能な栄養改善事業 活動ニュースシエラレオネ

ハンズでは2019年から地元NGO等と協力し、教師と児童たちが、葉に栄養成分を多く含んでいるモリンガの木を
小学校の敷地に野菜と一緒に植えて育て、収穫できたモリンガ葉と野菜を学校給食に入れることで栄養改善を行っています。

現地から2021年1月、2月の活動報告が届きましたので、是非、お読みください。

事業の概要はこちらをご覧ください。
⇒ シエラレオネ:活動内容|NPO法人HANDS(ハンズ)

シエラレオネの活動は皆様から寄せていただいたご寄付・ご支援が主な活動資金です。
少額からの毎月のご寄付など様々な方法でご支援頂けます。
詳しくはこちらから↓↓↓↓↓ 

NPO法人HANDS(ハンズ)|NPO法人HANDS(ハンズ)

※※※※※※※※※※※

シエラレオネではCOVID-19の第2波が発生していますが、困難の中2学期が2021年1月4日から始まりました。今回は児童や教員たちから、活動について寄せられた声をお聞きください。

Roman Catholic Primary School のAdama A. Kamaraさん。

写真①.jpg

COVID-19は教育に様々な影響を及ぼしましたが、モリンガ学校給食のおかげで、学校へ行く怖さはありませんでした。私はモリンガ野菜菜園から、多くのことを学びました。どのようにしてモリンガを育て、野菜の世話をし、それらを収穫するまでの過程などです。菜園は、栄養と健康の助けとなるだけでなく、私たちが毎日食べる食物をどのようにして育てるかということも教えてくれます。栄養豊富なモリンガ学校給食を提供していただき、同級生、学校運営委員会、教職員を代表して日本の方々、HANDS、そして藤井千江美さんにありがとうと言いたいです。本当に私たちはモリンガ学校給食が大好きです。

Ahmadiyya Primary SchoolのIssa Kamara君。

写真②.jpg

僕の名前はIssa Kamaraで、12歳です。Ahmadiyya Primary Schoolに通っています。モリンガ学校給食を提供していただき、ありがとうございます。このプロジェクトが始まる前は、モリンガは健康を改善するための薬のようなものだと思っていました。学校給食に新鮮なモリンガの葉を加えることで、モリンガに対する考え方が変わりました。モリンガや野菜も大好きですし、水やりや収穫の行程もとても好きです。自分で育てた作物を食べるのは、とてもおいしいです。モリンガ学校給食を食べた後は、元気が出て教室で疲れも感じません。

Ahmadiyya Primary SchoolのJohn Kamara君。

写真③.jpg

僕のお母さんは、学校菜園委員会の委員です。ほとんど毎日お母さんと学校で会えるので、とてもうれしいです。お母さんが家で初めてモリンガ料理を作った日のことを、よく覚えています。お父さん、お姉さん、お兄ちゃんたちは、栄養たっぷりのモリンガ料理に驚いていました。お父さんはもっと頻繁に家でモリンガ料理を食べようと言いました。

Sierra Leone Muslim Brotherhood Primary Schoolの担当教員。

写真④.jpg

児童たちが菜園に行くことにより、自分たちでモリンガや野菜の成長を確認することができ、とてもいい教育の一環となっています。また、児童たちにとっては気分転換にもなるので、おかげで集中して授業ができています。

Sierra Leone Muslim Brotherhood Primary SchoolのKadiatu Banguraさん。

私たちはモリンガや野菜が生育するために、モリンガ学校菜園を管理しています。十分に成長した後には、収穫して食べます。週に3日は、水やりをします。また、植物は日中に光合成を行い、私たちが生きていくうえで必要な酸素を供給してくれることも学びました。学校菜園からは、たくさんのことを学ぶことができます。

※※※※※※※※※※※※※

Youtube番組「NGO世界を見つめて vol.3」でHANDSの活動を紹介しています(後編を公開しました) 活動ニュース

NPO法人Dialogue for people(D4P)と、認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)は共催で毎回、日本のNPOやNGOで働いている人をゲストに招いてトーク番組「NGO世界をみつめて」を開催しています。そして第3回の番組にHANDS横田代表がゲストとして出演し、HANDSの活動を紹介していますので、是非、ご覧ください。多くの方にご覧いただきたいので、拡散のご協力もお願いします。

動画(後編)はこちらをご覧ください⇒⇒ https://www.youtube.com/watch?v=xtqkSM6wGxA

先に公開した前編はこちらをご覧ください⇒⇒ https://youtu.be/ObwPZ8vj__E

なおDialogue for People(D4P)は、困難や危機に直面する人々、社会的課題の渦中にある地域に飛び込み、語り合い、写真や文章、動画、音楽など様々な表現を通じて、ともに同時代を生きる全ての人々に「伝える」ことを活動の主軸としているNPO法人です。

Dialogue for People(D4P)ウェブサイト: https://d4p.world/

Dialogue for People(D4P)News: https://d4p.world/news/ 

20210413_144459.jpg20210413_144603.jpg

活動報告(3)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(3)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(3)

ボニス宅を訪問して帰ってきたコーディネーターのエマニュエルが、困りはてた顔つきで話し始めました。「ナイロビへの見学旅行のことですが、『コロナ感染予防のための政府規制があって車に乗れる人数に制限がある。だからボニスともう一人しか行けない。カロラインかエミリーのどちらかを選んでほしい』と言ったところ、ボニスは『3人一緒でないというのはよくない。』って言うんです。」

これを聞いたプロジェクトチームは、ことの重大さにはたと気づきました。製作現場を訪れ優れた品質の商品を手に取り、さらにマーケティングを考え始めるきっかけとするというナイロビ見学の目的は伝えてあったはず。カロラインとエミリーのうち、ナイロビ見学には製造よりもむしろ販売やマーケティングに、後日予定しているキスムの工場見学には製造に向いている方を、適正だけでなく本人の興味も加味してボニスが決めることを期待していたのです。彼女たちはこれまで地域保健ボランティアとして、HANDSを始めとする大小の開発パートナーたちが提供するプロジェクトに招かれ参加してきました。開発パートナーたちは途上国の人々の自立発展性を唱えながらも、与える側とそれを受ける側といった不均衡な関係は根深いところに存在します。彼女たちには起業する者としてのマインドセットに切り替えてもらわなければおそらくNiko Nikoは成功しないでしょう。エマニュエルによると、「保健ボランティア」と「起業家」が両端にある「マインドセット」という1メートルの物差しがあるとすれば、彼女たちは「保健ボランティア」からまだ20センチも「起業家」に近づいてない、と言います。

3月31日、ビジネス研修第一日目。目標は彼女たちに女性起業家としてのアイデンティーを持つことの重要性に気づいてもらうというものでした。彼女たちが保健ボランティアとして開始した布ナプキン製作、販売、普及の歴史をたどりながら、そこにあった自分たちの意識や社会との関係性を見つめ直し、さらに投資とリターンという新しい考え方を学びました。今回クラウドファンディングへの寄付という形で彼女たちに投資してくれたサポーターさんたちにとっての最終的なリターンとは、安定したビジネスを通して地域の若い女性たちの健康に長く寄与する、というものであることに気づいてくれました。

研修初日。開始時刻に1時間以上も遅れてHANDS事務所に現れた彼女たちは、「今日、ここに来た時は私たちは保健ボランティアだったけど、帰る時は女性起業家よ!」と明るい笑顔を置いて行ってくれました(写真)。

今後の予定:ボニスの縫製技術個人指導講師(フェイスさん)と今後の具体的な予定を立てるための打ち合わせ、長崎市内のユニークな「布なぷきん・布おむつ専門店りぼん」の店内写真と動画、商品を研修教材として活用するための計画。(HANDSケニア)

活動報告(2)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(2)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(2)

フェイスさんの厳しい眼差しがボニスの手の動きに注がれています。写真は、先日、裁縫の個人指導講師としてフェイスさんがボニス宅を初めて訪れた時のものです。ボニスの技術や知識レベルだけでなく、これまで製作してきた製品の質、さらに仕事場の環境やミシンの状態を知るためです。

ボニス.jpg

「もっと縫製技術を向上させたい」。これはボニスが布ナプキンの製作販売を開始してからずっと感じていたことでした。HANDSは、この日のフェイスさんの詳細にわたる報告書を基に、ボニスが目指す目標に到達できるよう研修の内容と期間を具体的に計画します。さらに、それを可能にする機材の購入計画も併せて行う予定です。コーディネーターのエマニュエルの報告によると、ボニスとフェイスさんは初対面にも関わらず打ち解けた様子で話をしていたそうで、今後の研修の成果が楽しみだとのこと。さらに、彼もフェイスさんも仕事場の狭さが気になったそうですが、残念ながらこのプロジェクトでは、仕事場を建てたり増築したりすることまでは計画していません。これからボニス、カロライン、エミリーの仕事場になるこのスペース。狭いながらも広く使う環境整備の方法として日本の「5S」が使えるかもと話し合ったところです。プロジェクトの中で、どのように実現できるか考えていきたいと思っています。

お知らせ:先日のケニア政府発表により、ナイロビ郡とナクル郡を含む数郡が「感染地」と指定され人の出入りが禁止されました。そのため、予定していたアパレルブランドRAHA KENYA(ラハケニア)さんのナイロビ縫製現場への見学と、途中のナクルでミシン専門店を訪れる計画は今のところ延期。規制解除の発表を祈るような気持ちで待っています。

(注)5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)はHANDSの現行プロジェクトで幼稚園に建設している衛生施設の維持管理研修にも応用しています。

« 前の10件へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11