• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース

最新ニュース

2021.09.10
リリース「世界食料デー月間2021」の賛同団体に加わりました
2021.09.10
リリース森元泰行さん(HANDS新テクニカルアドバイザー)のご紹介
2021.09.10
リリース西原三佳さん(HANDS新理事)のご紹介
2021.09.02
活動ニュースリリース新しく、会員・寄付をお願いするチラシを作成しました。
2021.09.01
活動ニュースシエラレオネシエラレオネから活動の様子が届きました!
2021.08.30
活動ニュースリリース母子健康手帳リトルベビーハンドブックのHPを公開しました
2021.08.30
活動ニュースリリース母子健康手帳中村安秀著「海をわたった母子手帳」が出版されました!
2021.08.26
活動ニュースシエラレオネシエラレオネから学校菜園の様子が届きました。
2021.08.17
活動ニュースイベント母子健康手帳母子手帳国際ウェビナー第3回のご案内(9月23日)
2021.08.05
活動ニュースリリースすこやか寄付にご協力をお願いします!
2021.08.03
活動ニュースケニア活動報告(9)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.07.16
活動ニュース母子健康手帳京都府版 リトルベビーハンドブック作成表明
2021.07.07
活動ニュースイベント2021年度会員総会を9月26日(日)16時から開催します。
2021.06.21
活動ニュースリリースシエラレオネシエラレオネのFBページを開設しました!
2021.06.17
活動ニュースケニア活動報告(8)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.06.15
活動ニュースケニア活動報告(7)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.06.14
活動ニュースイベント6月26日JICAキャリア形成セミナーのご案内(講師:HANDS風間プログラム・オフィサー)
2021.06.10
活動ニュース母子健康手帳国際母子手帳会議 第2回WEBINERが開催されました。
2021.06.03
活動ニュースケニア活動報告(6)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト
2021.05.26
活動ニュースホームページ(トップページ)の写真が新しくなりました!!

活動報告(9)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(9)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(9)

Niko Nikoプロジェクトが成しえたことというのは、ほんの小さな部分です。3人の女性起業家たちには、Niko Nikoプロジェクトが彼女たちを知るようになるずっと前から支援者がいました。そしてプロジェクトを通じて支援者を増やしました。この支援者たちは時期が来ればいつでも動き出す準備のある強力な支援者たちです。そして彼女ら一人ひとりの内には、長く温められた「知恵」がいつでも芽を吹こうと待っていました。Niko Nikoプロジェクトは、それら全部のちょうどパズルのようなピースを一点にまとめる方向にちょうどよい勢いでフーっと息を吹きかけたようなものです。

(写真下:合格基準に達した3人による作品 布ナプキンおでかけ3点セット)

7月23日

HANDS事務所で最終報告会を開催。女性起業家3人とNiko Nikoプロジェクトチームは、縫製指導講師のフェイス 先生、地域保健アシスタントのエラスト氏(ボニス達3人の地域担当官)、保健局リプロダクティブヘルス担当官のナオミ・ ケメイ氏と特別ゲストとして「シロアリマン」ことジャスタスさん(ケリチョー出身日本在住、クラウドファンディングの寄付者の一人)をお迎えしました。

(写真下:左からカロライン、ジャスタスさん、ボニス、エラスト氏、エマニュエル、ナオミ・ ケメイ氏、エミリー、フェイス先生)

報告会では、プロジェクトの概要説明、縫製指導講師による総合評価と課題、3人の女性起業家によるプロジェクトの振り返りと抱負、エラスト氏とナオミ・ ケメイ氏による祝辞とマーケティングのアイデア、最後にジャスタスさんによる日本からプロジェクトを見守ってきた支援者の一人として祝辞が述べられました。

Bornice Shopの3人は量産にも備えるために引き続き縫製技術を高める一方で、政府の企業支援の活用や、顧客の拡大に向かって動き出しました。

3人の女性起業家たちとNiko Nikoプロジェクトの繋がりはこれで終わりではありません。今後10か月間毎月、Bornice Shopから約束のプロジェクトへのリターン(活動報告7)を受け取り10か月後のプロジェクトの評価のための調査に備えます。

Niko Nikoプロジェクトと一緒に歩んでくださった皆さん、短い間でしたがありがとうございました。それではまた、10か月後に。

(写真左:HANDS事務所の庭で寛ぎながら自分たち手作りの支援者向けサンキューカードをフェイス先生に披露する女性起業家3人)

(HANDSケニア)

京都府版 リトルベビーハンドブック作成表明 活動ニュース母子健康手帳

HANDSテクニカルアドバイザーの板東あけみさん(国際母子手帳委員会事務局長)から「京都府版 リトルベビーハンドブック作成表明」についてご紹介いただきましたので、是非、ご覧ください。

***************************

リトルベビーハンドブックは現在6県5市で運用されており
そこに加えて
いくつかの県や市で内容の検討・作成が進んでおります。

来年度の作成に向けて
各地の当事者の皆様が
ご要望を出されたり出されようとされていますが
京都府がこの度
京都府版のリトルベビーハンドブックの作成を
お母さんたちにお伝えしてくださいました。
その様子を地元テレビ局が放映してくださいましたので
共有させていただきます。

https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/newsface/entry/sp_037.htm

まだLBHがない地域で
私が連絡を取らせていただいているのは
京都も含んで13都府県での
小さく生まれた赤ちゃんをお育てになっている
当事者の皆様と
12府県庁の担当の皆様です。

今その地域のお母さんたちが
県庁あてのお願いをかいて
送って来てくださるのですが
中にはLBHを送っていただいたり
URLから印刷してすでにLBHを
お使いの方も何人かおられます。
全員が、LBHには書きたかったことが書けるとか
先輩ママのメッセージがうれしい
そして、自分が産んだあとに一番
つらくて悲しくて不安だった時に
リトルベビーハンドブックに出会いたかった
だからこれから生まれるママ達のために
県庁に作ってくださいとお願いしたいと
書いておられます。

このママ達の尊いお気持ちが
各地でのLBHの作成進展につながることを
願っております。

20210716_124604.jpgのサムネイル画像

2021年度会員総会を9月26日(日)16時から開催します。 活動ニュースイベント

2021年度会員総会を、昨年と同様にオンラインにて、9月26日(日)16時~18時まで開催しますのでよろしくお願いいたします。

昨年はオンライン開催により東京近郊以外の方にも多くご参加いただき、例年よりもかなり多くの方に参加していただきました。

また活動それぞれの様子を、直接、担当者から報告することができましたので、いつもより詳しい説明をすることができたと思います。

今年も会員、サポーター、関係者など多くの方のご参加をお待ちしていますので、是非、ご予定ください。

詳細につきましては、後日、別途ご連絡させていただきます。

image6-thumb-450xauto-763.jpeg

シエラレオネのFBページを開設しました! 活動ニュースリリースシエラレオネ

「世界で一番いのちが短い国」と言われたシエラレオネ。

平均寿命52歳、約8人に1人の子供が5歳までに亡くなっています。(出所:2017年ユニセフ世界子供白書)

HANDSでは小学校から地域へと育む自立した継続可能な食料の安全保障と栄養改善の実現を目指してシエラレオネで活動しています。

そんなシエラレオネでの活動を紹介するページを開設しました!ぜひご覧ください!

https://www.facebook.com/handssierraleone/

sierra1.jpeg

活動報告(8)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(8)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(8)

6月11日、ついに"Bornice Shop"が誕生しました。アフリカのケニアのケリチョー郡のキレゲスという村に誕生したケニアでたった一つのお店です。

許可書1.jpg

ビジネス登録は、Niko Nikoプロジェクトの主要な成果です。これを彼女たちは自分たちだけで成し遂げました。ナイロビへのスタディーツアーやボニス自身の縫製技術研修、それと同時進行でボニスによるエミリーとカロラインへの縫製訓練という忙しさを縫って、まずは納税者番号を取得し、町のインターネットカフェに足を運びビジネス登録のための書類を揃え、ケリチョーの役所に赴き、工面した登録料で申請というなかなか長い道のりだったようです。

実は"Bornice Shop"は「会社」ではありません。ビジネス研修最終日、彼女たちは大きな戦略変更をしました。企業形態は「会社」ではなく、手続きが比較的簡便なパートナーシップ企業(合資会社に近い)として起業することにしたのです。まずは地元で足固めし、そして少しずつビジネスを大きくしていこうという考えからです。会社でなくとも、今は十分に自分たちや顧客のニーズに応えていけると判断したからです。

「Bornice Shopという名前、3人はいったいどうやって決めたんだろう?」。HANDSケニアではビジネス登録証をお披露目してくれる最終報告会でそんな裏話が聞けるのを心待ちにしています。

今後の予定:最終報告会                       (HANDSケニア)

活動報告(7)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(7)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(7)

待ち望んでいたロックミシンを前にして誇らしげなボニス。初めて手にする直線縫いミシンの前でちょっと緊張した面持ちのエミリー。二人を高い所から屈託のない笑顔で見守るカロライン。この3人だったら、きっと困難も乗り越えて行ける。私たちHANDSケニアはそんなふうに思えるようになりました。

あ.jpg

5月25日、直線縫いミシンとロックミシンをKilegesのボニス宅に搬送しました。電気の来ていないこの地域ではミシンは足踏みですが、将来のためにロックミシンは電動にも切り替えられるようになっています。

実はこのミシン、厳密な意味での「寄付」ではありません。ビジネス基礎研修の一環として、いわば「条件付き供与」になっています。購入金額の12%を、今後10か月かけて毎月分割でプロジェクトに返却する、という研修最終日に結んだ合意に基づく供与です。この仕組みは彼女たちが学んだ投資という考え方に基づいています。ミシン2台は、このプロジェクトに寄付してくださった支援者のボニス達のビジネスへの投資です。そして購入金額の12%がそのリターンです。この割合は、ビジネス研修を計画したHANDS職員が、慎重に計算、配慮して決めました。10か月間HANDSはこのお金をとっておいて、皆さんのもう一つの大きな投資である「地域の少女たちの健康」に彼女たちがどれほど貢献(リターン)したかを測るためのちょっとした調査をしようと考えています。目に見えるリターンと目には見えにくいリターン。ボニス達のビジネスは、大きな可能性を秘めています。

今後の予定:最終報告会。(HANDSケニア)

6月26日JICAキャリア形成セミナーのご案内(講師:HANDS風間プログラム・オフィサー) 活動ニュースイベント

6月26日(土)13時開催の「JICA海外協力隊キャリア形成オンラインセミナー」で
風間春樹プログラム・オフィサーが講師を務めます。詳細は以下をご覧ください。
(または、【鳥取】2021年春募集 JICA海外協力隊キャリア形成オンラインセミナー | イベント情報 | JICA中国 - JICA )

関心のある方は是非、ご参加ください。

【鳥取】2021年春募集 JICA海外協力隊キャリア形成オンラインセミナー

日時:2021年6月26日(土曜日)
13時00分から14時30分
会場:オンライン(Teams)
主催:鳥取県JICAデスク

春募集特別編!!協力隊キャリア形成オンラインセミナー開催します

6月30日まで申し込みを受け付けています2021年度JICA海外協力隊春募集に合わせて、

問い合わせが多い任期終了後のキャリア形成のセミナーを開催します。


この機会に、JICA海外協力隊のその後を深堀りしてみませんか?

JICA海外協力隊の体験談も合わせて聞ける、貴重なセミナーです。
ぜひ、お気軽にご参加ください。耳だけ参加も大歓迎です。

費用:無料
講師:風間 春樹さん(NPO法人HANDS プログラム・オフィサー)
内容:鳥取県JICAデスク紹介、協力隊体験談、キャリア形成講話、雑談(質疑応答)

<開催形式>
Microsoft teamsによる開催を予定しております。
お申し込み後、teamsのURLをお知らせします。

<お申込み>
6月23日(水)までに「問い合わせ先」のメールアドレスに氏名・連絡先を記載されたメールを送信下さい。
注:メールの件名には「オンラインキャリアセミナー申し込み」とご記載下さい。

お問い合わせ:
鳥取県JICAデスク(担当:芝田)
TEL:0857-51-1165
E-mail:tottoriken.desk@gmail.com

国際母子手帳会議 第2回WEBINERが開催されました。 活動ニュース母子健康手帳

2020年に開催予定であった「第12回母子手帳国際会議」は新型コロナの影響により
2022年8月24日―26日にアムステルダムで開催する予定になっております。

そして、開催国のオランダ側と国際母子手帳委員会が協議し、2021年は母子手帳に関する国際的な
WEBINARを定期的に開催することになり、5月27日に第2回ウェビナーを約50カ国から約500名が参加して
下記の内容で開催されました。

・テーマ:
MCH Handbook: Reaching out to vulnerable pregnant women and their partners, preventing early

・プログラム(時間は中央ヨーロッパ時間):
12.30 Welcome by Prof. Arnoud Verhoeff and Anneke Kesler (Moderators)
12.33 Short video about the theme of today
12.35 Opening Message by a special guest
12.40 Presentation from three countries Peru, Afghanistan and Lao
13.35 Open Forum
13.45 Keynote Lecture by Dr. Hilmar Bijma, the Netherlands
14.10 Open Forum

ウェビナーについての情報は以下をご覧ください。
https://conference.mchhandbook.com/

またウェビナーの開会にあたり、社会福祉法人恩賜財団母子愛育会総裁でおられる秋篠宮皇嗣妃殿下に
お言葉を賜りました。母子愛育会の以下ホームページで妃殿下のお言葉の全文の英語(日本語訳付き)が
公開されています。

http://www.boshiaiikukai.jp/

妃殿下のウェビナーへのご出席は、読売新聞オンラインでも配信されました。
https://www.yomiuri.co.jp/kaigen/20210528-OYT1T50169/

なお2月18日に開催されましたウェビナー第1回の様子は、以下で動画を見ることができますので
是非、ご覧ください。
https://conference.mchhandbook.com/webinar-downloads/

image0.jpeg

活動報告(6)ケニア農村部で布ナプキンを普及させ少女たちを笑顔に!NikoNikoプロジェクト 活動ニュースケニア

ケニア農村部の、生理用品が使えないことが理由で生活上の不自由や健康上の害を受けている少女/女性たちの状況を改善するため、布ナブキンを普及させるプロジェクトの活動報告(6)をお届けします。

地元女性の布ナプキン製造販売をビジネスとして独り立ちさせるためのスタートアップ支援を通じ、住民の主体的で持続可能な活動を目指しています。

プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。  

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/356851#menu

活動報告(6)

首都ナイロビの2度目のロックダウン規制が解除になり、5月19日、待ちに待ったナイロビスタディーツアーが実現しました。参加者はボニスとカロライン。HANDSからはコーディネーターのエマニュエルが同行しました。ケリチョーから2泊3日借りたタクシーで、ナイロビ名物の交通渋滞の中でも予定していたRAHA KENYAさんの製作現場訪問と問屋回りを効率よくこなし、晴れ晴れとした表情で皆無事に帰ってきてくれました。

このスタディーツアーの目標は2つ。RAHA KENYAさん訪問では、国際市場レベルの品質の製品を手に取って感じ、それを可能にする縫製技術を同胞のケニア人のテイラーさんたちがどのような努力で達成し維持しているかを知り、ボニス達の商品の具体的な品質レベルを決めることができるようになる、ということ。そして、問屋回りでは、防水布をはじめとする生地やその他の材料の仕入れ先を数店選び、自宅からでも仕入れができるように関係づくりをするというものです。

下の写真はRAHA KENYA製作現場での様子です。左、ジョセフさんに製品の説明を受けるボニス(左)とカロライン(右)。右、ボニスの作った布ナプキンのサンプルを見せて、ワンボーイさんにアドバイスを受けるカロライン。