• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 5年目の3・11(1/30「復興4年目の声を聴く」レポート)
終了したイベント東北復興

5年目の3・11(1/30「復興4年目の声を聴く」レポート)

今日、震災から丸4年、再び3月11日を迎えました。
段々と年月が経つにつれて、みなさんの思う、3・11はどのように変化してきていらっしゃいますか?

さる1月30日、HANDS事務所で東北復興支援イベントを開催しました。

20150311_event.jpg復興4年目の声を聴く「子どもは地域の宝」

東京で開催するイベントは、「東京に住んでいる私たちにできる東北支援」を目的にしています。

今回は、活動を支援してきた、おやこの広場 きらりんきっず代表の伊藤昌子さんと、
震災以前から伊藤さんを支え続けてきた、岩手県立大学社会福祉学部講師の櫻幸恵先生
今の陸前高田の子育ての現状」と「東京に住んでいる私たちにできること」についてお話いただきました。

20150311_event2.jpg

現在の陸前高田の子どもたちの環境は決して住みやすいとは言えず、
行き交うトラックで砂埃はたくさん舞うし、交通事故に合わないように自転車に乗ることも難しいなど、
健康状態も心配される状況です。

遊ぶスペースを探すことの難しさや、ほんの些細な体験(電車に乗ったり、伝統行事に触れる機会)が
不足している、との話は、特に印象的でした。

東京に住んでいる私たちができる東北支援は何か。

伊藤さんからは、
「自分たちの活動を行うことでいっぱい、いっぱいになり、
なかなか活動資金を生み出すことができない。会員などとして団体を直接
サポートしてくださるような支援はやはり今でも助かる」
ということでした。

また、陸前高田を訪れることで、地元の人びとと触れ合って、美味しい食べ物を食べて、
陸前高田を満喫することなどを提案してくださいました。

みなさん、伊藤先生の提案についていかがですか?
私は、今の自分にできることをすることが、東北の震災復興に微力ながら繋がるように感じました。

20150311_event3.jpg

まずは陸前高田を訪問して、美味しい海の幸を満喫しようと思います!

おやこの広場 きらりんきっず ★サポーターとして応援くださる方募集中です!★
http://kirarinkids.blogspot.jp/
引き続きあたたかい応援を、どうぞよろしくお願いします!!


東北復興支援事業担当 池之上

[終了したイベント]