• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 1/15【We love PNG!第1回】パプアニューギニアから教わった~残したいもの、変えたいこと~
終了したイベントパプアニューギニア

1/15【We love PNG!第1回】パプアニューギニアから教わった~残したいもの、変えたいこと~

パプアニューギニアタイトル

『パプアニューギニア』
太平洋戦争では日本にとって激戦地のひとつになり
歴史的なつながりが深い国。
地球最後の秘境とも呼ばれ、手つかずの自然が残り、
800もの民族が独自の文化を守って暮らす国。
地域によって、また部族によって、さまざまな顔を見せ
世界各国からの観光者を魅了している国。
近年では天然資源と経済発展で、期待と注目を集める国。

この国の多面的な特徴について、
パプアニューギニアが縁で出会った方々からお話を聞きながら、
HANDSの国際保健医療協力の活動についてもご紹介します。

 第1回目のゲストは、
日本パプアニューギニア協会の 島田謙三事務局長です。
ビジネスと同協会の活動を通じて、20年以上も日本との架け橋と なってきました。

 単身で同国に赴き看護師資格を取って現地で働き、現在HANDSで
プロジェクト・マネジャーを務める寺田美和とともに、
2人の視点と体験談を通して、パプアニューギニアの魅力とともに
外部者から見て開発が必要と思われる点などもご紹介します。

パプアニューギニアから教わった~残したいもの、変えたいこと~
日時 2015年1月15日(木)18:30-20:00(開場18:00)
会場 HANDS会議スペース
(東京都文京区本郷3-19-4 本郷大関ビル2F)
http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html
※東京事務所(山の手ビル)ではありませんのでご注意ください。
参加費 500円(資料代+活動費への寄付)
話し手 ●島田謙三さん(NPO法人 日本・パプアニューギニア協会 事務局長)
大学の卒業旅行でパプアニューギニアのウェワクへ祖父の墓参へバックパカーとして旅行したことをきっかけに、ニューギニア航空へ入社。その後、自分の役割は両国に直行便という懸け橋を掛けることだと勝手に決め、そのプロセスを1986年から2012年まで継続。 2002年に日本の表玄関である成田空港へ当初の夢である定期便乗り入れを成功させた。1994年以降日本から飛び立った全てのお客様を飛行機の搭乗口でお見送りしたのが、ひそかな自慢。検問と笑う人も多々。

●寺田美和(NPO法人HANDS パプアニューギニア事業担当)
法政大学社会政策科学科卒業後、パプアニューギニアにてNGOボランティアに参加。現地で、看護師資格を取得し、医療現場に携わる。帰国後、国内の産婦人科・小児科医院での勤務を経て、2012年にHANDSに入職(プログラム・オフィサー)。4歳の女の子の子育て中。趣味は家庭菜園と文房具集め。
≪こんな方におすすめです≫
  ・海外の国や、日本との関係などについて知りたい方
  ・パプアニューギニアに少しでも興味のある方
  ・国際協力に関わってみたい方
  ・ビジネスを通じた社会貢献に関心がある方
[終了したイベント]