• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > カカオ日和 その1 ~カカオを高く売って、生活改善につなげよう!~
活動ニュースブラジル

カカオ日和 その1 ~カカオを高く売って、生活改善につなげよう!~

みなさん、こんにちは。ブラジルプロジェクト・マネージャーの定森です。
2014年も押し迫ってきましたね。

12月はクリスマスケーキ、年も明けた2015年2月にはバレンタイン。
何かとチョコレートが登場する機会が増えますね。

そのチョコレートの原料になるカカオは
中南米の熱帯雨林が原産地なんですよ。

カカオ_convert_20141219122329
▲熟したカカオ

しかし、残念ながらアマゾン産のカカオは今一つ評価が低い・・・。
その大きな原因の一つが・・・

発酵工程の欠如です。

カカオは特殊なものを除いて、発酵をしなければ
高級チョコレートの原料にはなりません。

発酵をしなくてもチョコレートや口紅など様々なものに使われる
ココアバター(カカオの実の4-5割はココアバターと呼ばれる上質な脂肪分)の
採取や安物チョコレートには使えます。

でもそれじゃあ値段は安い・・・。

せっかくのカカオ、
高く売って生活改善につなげたいじゃないですか!


とはいえ、1人や2人が発酵しても見合った高値では売れません。
業者はトン単位で集荷をするのです。

数百キロ程度のカカオの質がいいと言ってわざわざ業者は扱いません。

つまり、
「発酵しないから高値で売れる市場ができない」
     ↓
「市場がないから発酵しない」
     ↓
「発酵しないから市場ができない」


という無限ループにはまっているのです。(なんてこった!)

この無限ループから抜けるには、どうしたらいいのか?!

カカオ日和 その2」をお楽しみに!

(ブラジルプロジェクト・マネージャー 定森徹)

[ブラジル]