• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動ニュース > 代表ブログ: ケリチョーは世界でいちばん雹(ひょう)が多い?
HANDS代表ブログ「時分の花」

代表ブログ: ケリチョーは世界でいちばん雹(ひょう)が多い?

最後に、もう一つ、ケリチョーならではの風景をご紹介します。

ケリチョーでは、たいてい午後3時か4時ごろ、激しい夕立がやってきます。

私の滞在中にも、激しい雹が降りました。

急に空が黒くなって、激しい雨が降り出した直後・・・

kenya_2.png

パシッ!パシッ!と、ガラス窓を打つ音が震えている。

大粒の雹が大地を叩きつける。

激しい風が樹木を揺さぶっている。

ホテルの窓が壊れるのではないかと思ったくらいに猛烈な雹でした。

ケリチョーは世界で一番、雹が降りやすい場所だそうです。

雹は、雨量や積雪量のように測定できないので、降った日数で比較するのだとか。
1970年代のデータでは、ケリチョーは年間132日で世界一。

でも、温暖化といわれる現在では、雹の世界一はどこなのだろう?

[HANDS代表ブログ「時分の花」]