• HANDSについて
  • 活動内容
  • 活動ニュース
  • 参加する
  • 寄付・支援する
  • 法人・団体の皆さまへ
HOME > 活動内容 > 母子手帳会議 > 第10回母子手帳国際会議

第10回母子手帳国際会議

2016年11月23-25日東京で、世界各国で母子の健康を守るツール
「母子手帳」に携わる/関心をもつ方々が集う国際会議が開催されます。
どなたでもご参加いただけます。

※おかげさまで好評につき、定員に達しましたので参加申し込みを締め切りました。≪当日受付はありません≫

第10回母子手帳国際会議チラシ

懇親会のお支払い、会議への寄付・協賛金のお支払いはこちらをご確認ください。

ごあいさつ

妊娠・出産・子どもの健康の記録が一冊にまとめられていること、保護者が手元に保管できる形態であることを兼ね備えた母子手帳は、日本独自のシステムです。実は、日本で母子手帳が始まったのは、戦後の復興さなかの1948年でした。ちょうど母子手帳開始50年目にあたる1998年に「第1回母子手帳国際シンポジウム」が東京で開催され、その後、インドネシア、タイ、ベトナム、バングラデシュで開催されてきました。2012年にはアフリカ大陸で最初の国際会議がケニアで開催され、2015年にはカメルーンで「第9回母子手帳国際会議」が開催され、20か国から250名の参加者がありました。母子手帳プログラムを実施している(あるいは実施予定の)各国関係者が一堂に集まり、開発や利活用、評価などについて議論を行い、文化や社会経済状況を反映し多様性をもった各国の母子手帳への取組みに関する情報交換を行ってきました。

第10回という節目の母子手帳国際会議では、2030アジェンダで提唱された「だれひとり取り残さない」という理念に共鳴し、持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向け母子手帳の役割を再評価していきたいと考えています。母と子どもの健康を守ることが、世界の人びとの生き方の質の向上につながっていくことを願って、日本から母子手帳の必要性と重要性を世界に向けてアピールしていきます。

第10回母子手帳国際会議
代表責任者 中村 安秀
(国際母子手帳委員会 委員長)
(大阪大学大学院人間科学研究科 教授)
(特定非営利活動法人HANDS 代表理事)

開催概要

会議名称 第10回母子手帳国際会議(The 10th International Conference on MCH Handbook)
開催期間 2016年11月23日(祝・水)~25日(金)
開催場所 11月23日: 国連大学ウタント国際会議場 会場案内図
11月24日・25日: JICA市ヶ谷ビル 会場案内図
メインテーマ 障がい者、難民・移民、少数民族、貧困者などを包摂し、 「だれひとり取り残さない(Leave No One Behind)」母子保健サービスを提供する母子手帳
プログラム

第10回母子手帳国際会議チラシ

参加人数 11月23日 約300人
11月24・25日 約100人(各日)
使用言語 11月23日 同時通訳(英語・日本語)あり
11月24・25日 基本的に英語
主催 国際母子手帳委員会
大阪大学大学院 人間科学研究科
共催 認定NPO法人HANDS 独立行政法人国際協力機構(JICA)
ユニセフ東京事務所
国連人口基金東京事務所
後援 内閣府、外務省、厚生労働省、日本医師会、日本医師会、 公益社団法人日本WHO協会、日本看護協会(申請中)、日本助産師会、 日本産婦人科学会、日本産婦人科医会(申請中)、 公益社団法人日本小児科学会、公益社団法人全国助産師教育協議会、 国立研究開発法人国立国際医療研究センター (NCGM)、 ジョイセフ(JOICFP)、日本WHO協会
協力 第10回母子手帳国際会議支援委員会
医療法人湖明会 たかはし小児科 循環器科医院
医療法人社団児心会 のま小児科
医療法人社団レニア会アルテミスウイメンズホスピタル
公益財団法人 星総合病院
サラヤ株式会社
すずきこどもクリニック
鈴木こどもクリニック
ベトナムの子どもたちを支援する会有志
協賛 アサヒグループ食品株式会社
イオントップバリュ株式会社
医療法人社団堅江会 はたクリニック
親子健康手帳普及協会
株式会社NTTドコモ
株式会社テクノアスカ
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
キッコーマン株式会社
ジャパンワクチン株式会社
Save the Baby
富士通株式会社 ヘルスケアシステム事業本部 未来医療ビジネスセンター
メロディ・インターナショナル株式会社
ライオン株式会社

参加申込

※おかげさまで好評につき、定員に達しましたので参加申し込みを締め切りました。≪当日受付はありません≫

寄付・協賛のお願い

本会議への参加費は、基本的に「無料」です。

途上国から、母子手帳活用に携わる担当者、母子手帳に関心を持つ方を、 一人でも多く招待したく、個人や法人からのご寄付や協賛を広く募集いたします。
何卒ご協力いただけますようお願い申し上げます。

1)寄付 個人1口 5千円 / 企業・団体1口 5万円

※認定NPO法人HANDSへのご寄付は、税金控除の対象になります(領収書を発行します)。

2)協賛 企業・団体 1口 5万円 ※企業ロゴを掲載いたします

ブース出展 1日 5万円 ※締め切りました

※お気軽にお問合せください
担当(mchh@hands.or.jp)までご連絡ください。

3)広告掲載費 プログラムや報告書など会議印刷物(和文・英文)へ広告出稿いただけます。

全面 5万円/1言語 ・ 1/2面 2万5千円 ※締め切りました

4)懇親会参加費 11/23 18:00-19:30 国連大学内会場にて開催いたします(最大100名まで)。

5千円/人(立食にて軽食とフリーソフトドリンクをご用意します)

※事前にお申込み・ご入金が無い場合は、当日ご入場いただけませんのでご注意ください。

お支払いの方法、クレジットカード支払いによるお申込みは下記からお願いいたします。

詳しくはこちら